海外進出支援企業のTryfunds、 ブラジルアグリビジネス大手Matsuda Groupと業務提携

 株式会社Tryfundsは、2014年6月30日、ブラジル第5位のアグリビジネス企業であるマツダのグループ企業と、日本企業の海外進出支援における共同支援契約、マツダグループのアジア市場展開に係る総代理店契約を締結した。

海外進出支援企業のTryfunds、 ブラジルアグリビジネス大手Matsuda Groupと業務提携

本契約によりTryfundsは、日本企業のブラジルアグリビジネスへの投資・進出に対する支援業務を強化して参ります。具体的には、マツダグループの持つネットワークを通じて、同社と共同での日本企業のアグリビジネスに対する投資機会の紹介や、大型プロジェクトのコンサルティングを手がけていくこととなります。

また、Tryfundsは、マツダグループの事業拡大に向けたアジア市場戦略に関する総代理店契約も締結し、同社のビジネスの拡大、ブラジルアグリビジネスのアジア展開と認知度の拡大を積極的に行ってまいります。

 マツダグループは、100%ブラジル資本の企業として、牧草用種子事業がブラジル市場1位、アニマルソルト事業がブラジル市場2位に位置する他、セラード(*)開発を行うCAMPO社への出資などを通じて、積極的に業容を拡大してまいりました。現在は、ソーラー事業や不動産事業など、事業の多角化も進めております。(* ブラジル中央部のサバンナ地帯。不毛の地であったが開発により世界有数の穀倉地帯となり、未だ広大な開発余地が残されている。)

世界市場への展開を狙うに当たって、マツダグループの商品の共同開発、相互供給する商品の拡大(OEM商品の相互供給)、販売面における地域的補完関係の構築などの事業展開についても、今後両社間で継続して協議を進めていきます。

【マツダグループの会社概要】
会社名  : COM. IND. MATSUDA IMP. EXP. LTDA
本社所在地: Alvares Machado, Rod. Raposo Tavares SP 270, Km 575, 19160-000 Sao Paulo, SP, Brazil
設立   : 1948年
売上高  : 約250億円
資本金  : 約25億円
代表者  : Jorge Matsuda
従業員数 : 約1,400名
WEBサイト : http://www.matsuda.com.br/
業務内容 : 農業機械の製造・販売
       家畜用飼料の開発・製造・販売
       養魚用飼料の開発・製造・販売
       牧草用種子の開発・製造・販売
       ペットフードの開発・製造・販売
       動物用薬品の開発・製造・販売
       サイレージ発酵薬品の開発・製造・販売

<事業沿革>
1948年 Grupo Matsuda設立
1989年 家畜やペットを中心としたミネラル等の栄養補助(サプリメント)事業部門設立
1992年 サンパウロ州/アルバレス・マシャドに農畜業用ハイテク器具販売を主とするMatsuda Equipamentosを設立
2003年 小型犬や猫といった小動物用フードのラインナップを取り揃えたMatsuda Petを設立
2007年 ISTA(国際種子検査協会)より民間研究所では世界初の正式認可を受ける
2008年 国内の畜産業生産率向上を目的とした高品質の家畜用・ペット用健康維持サプリメントラインを農畜業マーケットへの参入のために、Vet&Ciaと合弁会社を設立
2009年 ISTA(国際種子検査協会)が義務付ける規格内の証明書発行許可を受ける

【Tryfundsの会社概要】
会社名  : 株式会社Tryfunds(Tryfunds inc.)
代表者  : 代表取締役CEO 丹野 裕介
本店   : 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4丁目4-11 永井ビル5階
支店   : Av.da Liberdade, 21-Conj.1005, Liberdade, 01503-000 Sao Paulo, SP, Brazil
設立   : 2012年09月19日
WEBサイト : http://www.tryfunds.co.jp
       http://www.tryfunds.com/
業務内容 : 海外進出コンサルティング事業
       新規事業企画、立案、運営
       市場調査、市場分析、広告調査等の業務
       販売活動、販売促進活動に関する支援業務
       海外企業の誘致に関する業務 等

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  2. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  3. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  4. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  5. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  6. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  7. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  8. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  9. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  10. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
  2. タキイ種苗、機能性野菜「ファイトリッチ」シリ−ズのタネを発売
     タキイ種苗株式会社は、野菜の"機能性成分"を豊富に含み"おいしさ"を兼ね備えた『ファイトリッチ』シ…
  3. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  4. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
ページ上部へ戻る