日本アドバンストアグリ、植物工場向け「3波長型ワイドバンドLED蛍光管」の販売を開始

 日本アドバンストアグリは、独自技術に基づいた植物育成用照明を改良した省エネ型「3波長型ワイドバンドLED蛍光管」を完成させた。7月23〜25日、東京ビッグサイトで開催される施設園芸・植物工場展(GPEC)で植物育成用として、販売を開始する。

日本アドバンストアグリ、植物工場向け「3波長型ワイドバンドLED蛍光管」の販売を開始

 日本アドバンストアグリ(株)は、独自技術に基づいた植物育成用照明を改良した省エネ型「3波長型ワイドバンドLED蛍光管」を完成させました。7月23〜25日、東京ビッグサイトで開催される施設園芸・植物工場展(GPEC)で植物育成用として、販売を開始します。

▼ 光量(明るさ)を向上させた省エネ型25W品は、32W品(当社従来品)から、消費電力を22%低減しています。電源は内蔵型とし、PSE認証品です。発熱もなく、近接照明が可能です。

▼ 省エネ型製品は、光量向上により正味生株重量80g達成に必要な栽培日数を従来製品比で10%以上短縮することが弊社栽培実験にて確認されました。

▼ 一般蛍光灯と同じG13口金を使用しているため、簡単な配線工事だけで従来の蛍光管との入れ替えが可能です。

▼ 光の3原色(RGB)を使用し太陽光に近い光質で、植物育成に重要な660nm(濃赤)も含まれており、白系を基調としているため植物育成のみならず植物の色(緑)が認識でき、品質確認が容易で作業性も向上します。また演色性も高く、高演色性が必要な市場にも対応可能です。

▼ 簡易防水ソケット採用で、照明器具が不要です。設備コスト減、レイアウトの自由度が向上しました。

▼ 国産にこだわった安全と安心の品質管理(Tsujiko社製)。既存植物工場の蛍光管からの入れ替えを含め、既に10社以上に貸し出し、高い評価を得ており、初年度は販売本数10,000本以上を見込んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  2. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  3. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  4. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  5. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  6. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  7. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  8. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  9. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  10. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
  2. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
  3. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  4. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
ページ上部へ戻る