リビングファーム、LED搭載の植物工場キット『ココベジ・シリーズ』新発売

 株式会社リビングファームは、家庭で手軽に種から野菜が育てられる水耕・植物工場キットの最小モデルを発売する。同社の商品は、LED光源を利用した水耕栽培キットであり、都会にいながらにして、誰でもできる自産自消の新しいライフスタイルを提案している。

リビングファーム、LED搭載の植物工場キット『ココベジ・シリーズ』新発売

 同社では、家庭で手軽に種から野菜が育てられる水耕栽培器の最小モデルとして、お部屋のインテリアに応じて選べる3タイプをご用意した。シンプルデザインの『ココベジi』、ナチュラルな風合いのウッドタイプ『ココベジtn』、大人スイートなホワイトインテリア『ココベジth』。

・リビングファーム『ココベジi』
お部屋の中で、一年中、いつでも自産自消を楽しめる、小さな小さな植物工場。当社比最小モデル。
コンパクトなスタイルながら、4株の本格野菜の同時育成が可能。小さいけど実力派モデル。

・リビングファーム『ココベジtn』
インテリアにマッチする木製フレームを使用。優しい木の風合いがナチュラルリビングを演出するモデル。

・リビングファーム『ココベジth』
ホワイト&グリーンのコンビネーションが、大人スイートなリビングを爽やかに彩る、憧れのホワイトインテリア・スタイル対応モデル。

・光合成に最適!オリジナルLED使用
日光の代わりは、リビングファーム独自開発の植物栽培専用のLED。光合成に最適な光だから、初めての方でも、美味しい野菜を収穫できます。1ヶ月の電気代は、130円程度。

■リビングファーム「ココベジ・シリーズ」新製品概要
*品名:リビングファーム『ココベジi』
*品番:LF-CV-I
*希望小売価格:19,000円(本体と付属品セット)
*大きさ: W380mm、D240mm、H:320〜400mm
*重量:約4.5kg(本体2.5kg)

*品名:リビングファーム『ココベジtn』
*品番:LF−CV−TN
*希望小売価格:24,600円(本体と付属品セット)
*大きさ: W370mm、D240mm、H:400mm
*重量 約6kg(本体3.5kg)
*本体:天然木−赤松集成材

*品名:リビングファーム『ココベジth』
*品番:LF−CV−TH
*希望小売価格:24,600円(本体と付属品セット)
*大きさ: W370mm、D240mm、H:400mm
*重量 約6kg(本体3.5kg)
*本体:白メラミン合板

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  2. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  3. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  4. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  5. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  6. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  7. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  8. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  9. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  10. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  2. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  3. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
  4. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
ページ上部へ戻る