パナソニック、植物工場など過酷環境下を想定したシート・フィルムの材料開発

 パナソニックは、LED照明の光反射板に使う、プラスチック製シートとフィルム用のポリプロピレン樹脂成形材料を開発した。6月からサンプルの要望に対応する。屋外看板や店舗照明、植物工場など過酷な環境下のLED照明向けで、耐久性に優れる。UV(紫外線)の照射や高温の環境下でも、高い光反射率を長期間維持する。

パナソニックは、LED照明の光反射板に使う、プラスチック製シートとフィルム用のポリプロピレン樹脂成形材料を開発した。6月からサンプルの要望に対応する。屋外看板や店舗照明、植物工場など過酷な環境下のLED照明向けで、耐久性に優れる。

 パナソニック株式会社オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、屋外の看板や店舗照明、植物工場など、過酷な環境下に設置されるLED照明において、光反射板に使用されるプラスチック製のシートおよびフィルム用ポリプロピレン樹脂成形材料「FULL BRIGHT(フルブライト)PP」を開発しました。耐久性(耐UV、高温高湿、耐薬品性[2])に優れ、高温、UV環境下でも高い光反射率を長期間維持することができます。2014年6月よりサンプル対応を開始します。

LED照明は、住宅用以外に、屋外環境の看板・店舗照明や植物工場などでの普及も拡大しています。一般的にLED照明は、光効率を上げるために光源周辺に反射板を設置します。その反射板の素材として、現在、金属やPET系の樹脂が多く使用されていますが、LED照明の設置環境が多様化する中、さらなる耐久性(耐UV、耐薬品性、高温高湿)と軽量化が要求されています。
本開発品は、高い光反射率と耐久性に優れ、シートやフィルム化が容易な成形材料で、店舗照明や植物工場、車室照明用途などでLED照明の高輝度化、長期使用に貢献します。

【特長】
高温、UV環境下でも高い光反射率を維持、光源の長期使用に貢献
120℃ UV環境下 2000時間後の光反射率94%以上 (PET系樹脂:80%以下※2)
光反射シートやフィルムの加工性に優れ、複雑な設計にも対応
加工されたシートは、真空成形により深絞りの成形が可能
真空成形厚み100〜400μmのフィルム形成、厚み500μm以上のシート成形に最適

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  2. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  3. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  4. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  5. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  6. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  7. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  8. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  9. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  10. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  2. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  3. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  4. 米国の農業ビジネス、トランプ発言への影響。既に数千万円に設備投資を行う経営者も
     1月20日に米国にてトランプ新大統領が誕生するが、今後の具体的な政策方針には農業分野の経営者も注目…
ページ上部へ戻る