デザイナーフーズ、養液センサーやICT技術とビッグデータを活用した新たしい生産技術体系の確立へ

 デリカフーズ株式会社のグループ会社である、デザイナーフーズ株式会社は、三菱総合研究所や大学機関など産学官11機関と連携して、攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業の採択を受けた。デリカフーズは、野菜の流通加工を全国に展開し、消費者やマーケットの食に対する多様なニーズの把握に努めるとともに、健康志向ニーズに即した新商品の企画・開発を行ってきました。

10年以上の野菜機能評価実績から生まれた国際的にも屈指の「野菜機能データベース」とその成果を生かし、需要創造型提案営業の推進や食品安全確保に対する取組によって多くの御客様から高い評価を頂いております。
また、消費者ニーズに基づいた野菜品質評価基準「デリカスコア」を利活用し、多様化する消費者ニーズや付加価値を数値として見える化することでサプライチェーン/バリューチェーンを創造してきました。

 今回、グループの研究開発を担うデザイナーフーズは当該事業において産学官11機関と連携して、トマト等の栽培環境と品質との関連性を明らかにすることで、消費者・実需者ニーズ(安全、美味しさ、栄養素、機能性)に合致したトマト等を効率的に生産できる『農業産業化ジャパンクオリテイ・システムの形成に向けた革新的生産技術体系』の確立を目指します。

養液ミネラルセンサーの開発、フィールドサーバーとの連動によって栽培環境をリアルタイムにモニタリングしながら農業ICT技術に基づいてトマト等を生産し、収穫後に大量迅速非破壊検査装置を駆使して品質検査(美味しさ、栄養素、機能性)並びに選別を行います。
得られた栽培と品質の関連性をビックデータ解析することで革新的生産技術体系を確立、グローバル競争力に優れたビジネスモデル(ジャパンクオリテイ・システム)を実現できるものと確信しています。

<主な取組内容>
1 トマト養液栽培における養液中ミネラル濃度等の変化による野菜品質向上技術の検証
2 地下部・地上部の栽培環境の測定による栽培支援手法(ミネラルセンサー等)の検証
3 トマトの大量迅速非破壊検査装置の開発・検証
4 トマトの消費者ニーズに対応した革新的生産技術体系の実証
5 消費者ニーズに対応した多品目の野菜類における栽培方法の実証
6 品質表示(美味しさ、栄養素、機能性)に基づくグローバルなビジネスモデルの実証

<コンソーシアム参画機関>
1  デザイナーフーズ株式会社
2  株式会社三菱総合研究所
3  株式会社イーラボ・エクスペリエンス
4  独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 野菜茶業研究所
5  独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 花き研究所
6  国立大学法人 三重大学
7  国立大学法人 豊橋技術科学大学
8  国立大学法人 静岡大学
9  国立大学法人 東京農工大学
10 兵庫県立農林水産技術総合センター
11 長野県野菜花き試験場
12 香川県農業試験場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  2. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  3. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  4. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  5. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  6. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  7. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  8. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  9. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  10. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  2. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  3. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  4. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
ページ上部へ戻る