デザイナーフーズ、養液センサーやICT技術とビッグデータを活用した新たしい生産技術体系の確立へ

 デリカフーズ株式会社のグループ会社である、デザイナーフーズ株式会社は、三菱総合研究所や大学機関など産学官11機関と連携して、攻めの農林水産業の実現に向けた革新的技術緊急展開事業の採択を受けた。デリカフーズは、野菜の流通加工を全国に展開し、消費者やマーケットの食に対する多様なニーズの把握に努めるとともに、健康志向ニーズに即した新商品の企画・開発を行ってきました。

10年以上の野菜機能評価実績から生まれた国際的にも屈指の「野菜機能データベース」とその成果を生かし、需要創造型提案営業の推進や食品安全確保に対する取組によって多くの御客様から高い評価を頂いております。
また、消費者ニーズに基づいた野菜品質評価基準「デリカスコア」を利活用し、多様化する消費者ニーズや付加価値を数値として見える化することでサプライチェーン/バリューチェーンを創造してきました。

 今回、グループの研究開発を担うデザイナーフーズは当該事業において産学官11機関と連携して、トマト等の栽培環境と品質との関連性を明らかにすることで、消費者・実需者ニーズ(安全、美味しさ、栄養素、機能性)に合致したトマト等を効率的に生産できる『農業産業化ジャパンクオリテイ・システムの形成に向けた革新的生産技術体系』の確立を目指します。

養液ミネラルセンサーの開発、フィールドサーバーとの連動によって栽培環境をリアルタイムにモニタリングしながら農業ICT技術に基づいてトマト等を生産し、収穫後に大量迅速非破壊検査装置を駆使して品質検査(美味しさ、栄養素、機能性)並びに選別を行います。
得られた栽培と品質の関連性をビックデータ解析することで革新的生産技術体系を確立、グローバル競争力に優れたビジネスモデル(ジャパンクオリテイ・システム)を実現できるものと確信しています。

<主な取組内容>
1 トマト養液栽培における養液中ミネラル濃度等の変化による野菜品質向上技術の検証
2 地下部・地上部の栽培環境の測定による栽培支援手法(ミネラルセンサー等)の検証
3 トマトの大量迅速非破壊検査装置の開発・検証
4 トマトの消費者ニーズに対応した革新的生産技術体系の実証
5 消費者ニーズに対応した多品目の野菜類における栽培方法の実証
6 品質表示(美味しさ、栄養素、機能性)に基づくグローバルなビジネスモデルの実証

<コンソーシアム参画機関>
1  デザイナーフーズ株式会社
2  株式会社三菱総合研究所
3  株式会社イーラボ・エクスペリエンス
4  独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 野菜茶業研究所
5  独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 花き研究所
6  国立大学法人 三重大学
7  国立大学法人 豊橋技術科学大学
8  国立大学法人 静岡大学
9  国立大学法人 東京農工大学
10 兵庫県立農林水産技術総合センター
11 長野県野菜花き試験場
12 香川県農業試験場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  2. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  3. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  4. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  5. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  6. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  7. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  8. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  9. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  10. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  2. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  3. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
  4. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
ページ上部へ戻る