Koubachi Japan、各センサーによるデータ収集・解析を通じて最適な生育環境を実現

 株式会社Koubachi Japan(本社:北海道札幌市)は、植物栽培の革新的ソリューションである「Koubachi Wi-Fi Plant Sensor」の新製品として「Plant Sensor 2」3機種の販売を開始する。本製品は植物に取り付けられたセンサーから得られたデータをクラウドに蓄積・解析することが可能である。またデータを基にした栽培のアドバイスも行うことができる。

Koubachi Japan、植物の最適な生育環境を各センサーで感知Koubachi Japan、植物の最適な生育環境を各センサーで感知

■「Koubachi Wi-Fi Plant Sensor」とは
“植物の声を聞きたい”、植物を愛する人ならば一度は感じたことのある願いを叶えるため、開発したのが「Koubachi Wi-Fi Plant Sensor」です。本製品を植物に装着することで、センサーが作動し、土壌水分量、土壌温度、空間温度、照度を計測します。

計測データはWi-Fiからインターネットを通じてクラウドへ送られ、解析されます。解析では計測データだけではなく、季節や気候、植物の種類や種の起源などを考慮し、植物にとって最適な生育環境をアドバイスします。更に植物の特性を理解し、肥料や霧吹きのタイミングもお伝えします。
まるで、植物が自分の要望を語りかけてくるように、生育に必要な情報を手に入れることができるのです。アドバイスはスマートフォンやパソコンでいつでも確認することが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…