セラク、アンドロイドアプリにて管理する「スマート野菜工場」をAPPS JAPAN2014に出展

 インターネットビジネス支援を行う株式会社セラクは、Androidで動く近未来型家庭菜園「スマート野菜工場」をAPPS JAPAN(アプリジャパン) 2014に出展する。「スマート野菜工場」は、人工照明と水耕栽培で植物の栽培を行う完全制御型の植物工場となっている。

内部にはAndroid OSが組み込まれており、Androidアプリによって環境情報の計測、生育状況の記録、環境制御を行っています。スマート野菜工場の前面には、赤外線式タッチパネルと透明液晶を備えており、内部の植物を観察しながら、環境情報のチェックや栽培記録の入力が可能です。

また、記録されたデータはクラウド上にも格納されるので、外出先ではWEBブラウザで状況を確認することができます。データの確認だけでなく、工場内の環境を制御することも可能です。

セラクのスマートプロダクツについて
セラクが開発したスマート洗面台、および、スマート野菜工場は、国内外より注目されております。今後もAndroidを使った組み込み分野において、これまでに蓄積してきたアプリケーション開発のノウハウを活かした製品開発を行って参ります。また、スマート野菜工場をきっかけに、農業IT分野への参入を進めてまいります。