三井化学アグロ、BASFと新規殺虫剤のグローバル共同開発契約を締結

 三井化学アグロ株式会社は、BASF(ビーエーエスエフ)と、三井化学アグロが見出したチョウ目、コウチュウ目などの防除が困難な害虫に高い効果を発揮する新規殺虫剤(MCI-8007)の独占的グローバルライセンス・開発契約を締結しました。

三井化学アグロはBASFに対し、日本など一部の国を除き、MCI-8007の商業化に関する世界的な独占実施権を提供します。両社は今後、製剤開発を推進し世界中のお客様へ高い効果を発揮する新規殺虫剤を提供して参ります。

新規殺虫剤MCI-8007は、三井化学アグロの持つ分子デザイン・有機合成技術から生まれた全く新しい作用性を持つ殺虫剤です。既存剤に抵抗性を持つ害虫にも有効であり、農家や害虫駆除業者に対して非常に効果的な害虫防除ソリューションを提供します。また、害虫の抵抗性管理に有効なローテーション使用の一剤としても、重要な役割を果たします。

適用対象:葉菜類、果菜類、マメ類
ワタ、トウモロコシ、イネなど
住宅地などでの害虫駆除

対象害虫:農作物で問題となる多くの害虫(チョウ目、コウチュウ目など)
生活環境で問題となるシロアリ、アリ、ゴキブリ、ハエなど

■会社概要
会社名  : 三井化学アグロ株式会社
設立   : 2003年4月1日
本社所在地: 東京都港区東新橋1丁目5番2号 汐留シティセンター
資本金  : 350百万円(2013年3月現在)
事業内容 : 農薬、肥料等の研究、開発、製造、販売、輸出入
       非農業用殺虫剤(一般化学品としての殺虫剤)の製造販売
       建築資材の防虫、防蟻、防湿等の環境管理
URL    : http://www.mitsui-agro.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  2. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  3. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  4. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  5. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  6. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  7. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  8. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  9. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  10. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  2. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  3. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  4. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
ページ上部へ戻る