総合企画センター大阪、農薬メーカーの事業動向・戦略について調査結果を発表

 マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪では2014年「農薬メーカーの事業動向・戦略調査」として、農薬大手の国内における事業推進体制、R&Dの体制と資源投入、提携状況、さらには海外事業の動向及び事業戦略の方向性に関して調査・分析を実施した。

農薬各社は、市場が飽和状態にある国内から海外市場に方向転換を進めている。中でも、中国、韓国、インド等のアジア地域とブラジル、アルゼンチンなどの南米地域に注力している。

これら地域では、販売ネットワークの構築や生産拠点の新設に関する動きが見られる。当資料では、農薬大手の国内における事業推進体制、R&Dの体制と資源投入、提携状況、さらには海外事業の動向及び事業戦略の方向性を実査・分析している。

概要
◆国内農薬市場は飽和状態であり、今後大きな伸びは見られないと思われる。その反動を受け、各社は国内から海外への市場転換を継続して進めている。中でも近年、新興国、いわゆる中国、韓国、インド等のアジア地域、ブラジル、アルゼンチンなどの南米への販売ネットワークの構築や生産拠点の新設に関する動きが見られる。

◆例えば、住友化学はブエノスアイレス支店〈アルゼンチン〉を新設し、南米地域をひとつの軸とした同地域での売上拡大を進めていくとしている。また、日産化学工業は日産化学制品(上海)有限公司の営業を開始し、成長市場である中国の農業マーケットに注力していく。

さらに、エス・ディー・エスバイオテックは、「ダコニール」事業においてインドネシア、インド、スリランカ、中国向けの拡販に取り組み、除草剤のベンゾビシクロンに関しては米国、欧州、中国、韓国、中南米での販売を強化・拡大していく計画となっている。

◆上記のように、各企業は既存市場の拡大や新規市場の開拓を積極的に推進していくことに注力し、それぞれの地域に応じた販売ネットワーク、生産基盤の確立を推進していく。この結果として、成長する海外市場(アジアや南米などの新興国を含む)でのさらなる売上拡大を進めていく。

◆本資料では主要大手の国内における事業推進体制、R&Dの推進体制、R&D資源投入状況、主要提携展開、海外事業の動向及び事業戦略の方向性を実査・分析している。また、当調査より総括編において農薬の国内市場分析及び国内農薬市場予測の項目を設けた。さらに、個別企業編では、各社の農薬海外売上を追加している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  2. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  3. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  4. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  5. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  6. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  7. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  8. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  9. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  10. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  2. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  3. NATUFIAのキッチンガーデン。デザイン家電としての植物工場プラントを開発
     エストニアに本社を置くNATUFIA Labは、今年の1月にラスベガスで行われたCES(Consu…
  4. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
ページ上部へ戻る