総合企画センター大阪、農薬メーカーの事業動向・戦略について調査結果を発表

 マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪では2014年「農薬メーカーの事業動向・戦略調査」として、農薬大手の国内における事業推進体制、R&Dの体制と資源投入、提携状況、さらには海外事業の動向及び事業戦略の方向性に関して調査・分析を実施した。

農薬各社は、市場が飽和状態にある国内から海外市場に方向転換を進めている。中でも、中国、韓国、インド等のアジア地域とブラジル、アルゼンチンなどの南米地域に注力している。

これら地域では、販売ネットワークの構築や生産拠点の新設に関する動きが見られる。当資料では、農薬大手の国内における事業推進体制、R&Dの体制と資源投入、提携状況、さらには海外事業の動向及び事業戦略の方向性を実査・分析している。

概要
◆国内農薬市場は飽和状態であり、今後大きな伸びは見られないと思われる。その反動を受け、各社は国内から海外への市場転換を継続して進めている。中でも近年、新興国、いわゆる中国、韓国、インド等のアジア地域、ブラジル、アルゼンチンなどの南米への販売ネットワークの構築や生産拠点の新設に関する動きが見られる。

◆例えば、住友化学はブエノスアイレス支店〈アルゼンチン〉を新設し、南米地域をひとつの軸とした同地域での売上拡大を進めていくとしている。また、日産化学工業は日産化学制品(上海)有限公司の営業を開始し、成長市場である中国の農業マーケットに注力していく。

さらに、エス・ディー・エスバイオテックは、「ダコニール」事業においてインドネシア、インド、スリランカ、中国向けの拡販に取り組み、除草剤のベンゾビシクロンに関しては米国、欧州、中国、韓国、中南米での販売を強化・拡大していく計画となっている。

◆上記のように、各企業は既存市場の拡大や新規市場の開拓を積極的に推進していくことに注力し、それぞれの地域に応じた販売ネットワーク、生産基盤の確立を推進していく。この結果として、成長する海外市場(アジアや南米などの新興国を含む)でのさらなる売上拡大を進めていく。

◆本資料では主要大手の国内における事業推進体制、R&Dの推進体制、R&D資源投入状況、主要提携展開、海外事業の動向及び事業戦略の方向性を実査・分析している。また、当調査より総括編において農薬の国内市場分析及び国内農薬市場予測の項目を設けた。さらに、個別企業編では、各社の農薬海外売上を追加している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  2. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  3. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  4. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  5. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  6. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  7. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  8. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  9. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  10. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  2. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  3. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  4. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
ページ上部へ戻る