大雪で倒壊したハウス再建、八ヶ岳高原水耕ほうれん草・トマトファンドを設立(本多園芸)

 2月の豪雪でビニールハウスなどが倒壊した農業法人「本多園芸」(長野県諏訪郡原村)の事業再建に向け、資金を集めるファンドが5月21日までに設立された。本多園芸は、集まった資金でハウスの資材や水耕栽培の設備を購入し、ホウレンソウやトマトなどを生産する。

 2015年から3年間、収益の一部をファンドを通じて出資者に分配する。豪雪で被害を受けた県内の農業生産施設は1万5千棟以上あるが、県農政部は「ファンドを活用して再建を目指す例は聞いたことがない」としている。

本多園芸は、水耕栽培でホウレンソウやミニトマトなどを生産し、都市圏のデパートやネット販売業者などに出荷。今回の豪雪で、諏訪郡原村、富士見町にあるハウス15棟のうち10棟が倒壊した。再建費用の大半は国や自治体の補助金で賄えるが、1千万円程度の自己負担が必要という。

大雪で倒壊したハウス再建、八ヶ岳高原水耕ほうれん草・トマトファンドを設立(本多園芸)

ファンドの名称は「八ケ岳高原水耕ほうれん草・トマトファンド」。投資を仲介する会社ミュージックセキュリティーズ(東京)が扱う。1口2万1140円(手数料1140円含む)から申し込みを受け付け、10月末までに計1千万円の出資金を集める計画だ。

 本多園芸の13年4月期の売上高は1億7700万円。ハウス再建後に同程度の売上高を確保できた場合、15〜17年の3年間の分配金の合計は1口当たり2万3千円余になる見通し。売り上げが伸びれば分配金は増えるが、落ち込めば出資額より少なくなるリスクもある。分配金とは別に、出資者には1口につき2千円相当の野菜の詰め合わせを1回贈る予定となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  2. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  3. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  4. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  5. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  6. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  7. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  8. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  9. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  10. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  2. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  3. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  4. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
ページ上部へ戻る