大雪で倒壊したハウス再建、八ヶ岳高原水耕ほうれん草・トマトファンドを設立(本多園芸)

 2月の豪雪でビニールハウスなどが倒壊した農業法人「本多園芸」(長野県諏訪郡原村)の事業再建に向け、資金を集めるファンドが5月21日までに設立された。本多園芸は、集まった資金でハウスの資材や水耕栽培の設備を購入し、ホウレンソウやトマトなどを生産する。

 2015年から3年間、収益の一部をファンドを通じて出資者に分配する。豪雪で被害を受けた県内の農業生産施設は1万5千棟以上あるが、県農政部は「ファンドを活用して再建を目指す例は聞いたことがない」としている。

本多園芸は、水耕栽培でホウレンソウやミニトマトなどを生産し、都市圏のデパートやネット販売業者などに出荷。今回の豪雪で、諏訪郡原村、富士見町にあるハウス15棟のうち10棟が倒壊した。再建費用の大半は国や自治体の補助金で賄えるが、1千万円程度の自己負担が必要という。

大雪で倒壊したハウス再建、八ヶ岳高原水耕ほうれん草・トマトファンドを設立(本多園芸)

ファンドの名称は「八ケ岳高原水耕ほうれん草・トマトファンド」。投資を仲介する会社ミュージックセキュリティーズ(東京)が扱う。1口2万1140円(手数料1140円含む)から申し込みを受け付け、10月末までに計1千万円の出資金を集める計画だ。

 本多園芸の13年4月期の売上高は1億7700万円。ハウス再建後に同程度の売上高を確保できた場合、15〜17年の3年間の分配金の合計は1口当たり2万3千円余になる見通し。売り上げが伸びれば分配金は増えるが、落ち込めば出資額より少なくなるリスクもある。分配金とは別に、出資者には1口につき2千円相当の野菜の詰め合わせを1回贈る予定となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  2. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  3. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  4. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  5. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  6. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  7. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  8. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  9. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  10. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  2. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  3. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  4. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
ページ上部へ戻る