大雪で倒壊したハウス再建、八ヶ岳高原水耕ほうれん草・トマトファンドを設立(本多園芸)

 2月の豪雪でビニールハウスなどが倒壊した農業法人「本多園芸」(長野県諏訪郡原村)の事業再建に向け、資金を集めるファンドが5月21日までに設立された。本多園芸は、集まった資金でハウスの資材や水耕栽培の設備を購入し、ホウレンソウやトマトなどを生産する。

 2015年から3年間、収益の一部をファンドを通じて出資者に分配する。豪雪で被害を受けた県内の農業生産施設は1万5千棟以上あるが、県農政部は「ファンドを活用して再建を目指す例は聞いたことがない」としている。

本多園芸は、水耕栽培でホウレンソウやミニトマトなどを生産し、都市圏のデパートやネット販売業者などに出荷。今回の豪雪で、諏訪郡原村、富士見町にあるハウス15棟のうち10棟が倒壊した。再建費用の大半は国や自治体の補助金で賄えるが、1千万円程度の自己負担が必要という。

大雪で倒壊したハウス再建、八ヶ岳高原水耕ほうれん草・トマトファンドを設立(本多園芸)

ファンドの名称は「八ケ岳高原水耕ほうれん草・トマトファンド」。投資を仲介する会社ミュージックセキュリティーズ(東京)が扱う。1口2万1140円(手数料1140円含む)から申し込みを受け付け、10月末までに計1千万円の出資金を集める計画だ。

 本多園芸の13年4月期の売上高は1億7700万円。ハウス再建後に同程度の売上高を確保できた場合、15〜17年の3年間の分配金の合計は1口当たり2万3千円余になる見通し。売り上げが伸びれば分配金は増えるが、落ち込めば出資額より少なくなるリスクもある。分配金とは別に、出資者には1口につき2千円相当の野菜の詰め合わせを1回贈る予定となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. オランダにて中国版植物工場・日光温室が稼働。アジアの高湿度環境に対応可能な栽培技術を取得へ
     オランダのワーヘニンゲン大学を中心としたチームは4月12日、中国版の太陽光利用型植物工場をオランダ…
  2. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  3. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  4. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  5. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  6. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  7. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  8. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  9. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  10. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
  2. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  3. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
  4. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
ページ上部へ戻る