次世代センサ協議会によるセミナー開催、今後の植物工場やさいの拡大へ

 一般社団法人次世代センサ協議会では5月15日「植物工場の現状と展望」をテーマにセミナーが開催された。
同セミナーでは、農研機構 野菜茶業研究所の中野氏が、実証拠点にて推進している施設園芸・太陽光利用型植物工場におけるトマト、パプリカ、キュウリといった果菜類を中心に、オランダモデルを参考に国内研究の現状と今後の課題について発表した。

次世代センサ協議会によるセミナー開催、今後の植物工場やさいの拡大へアグリウェーブ社の発表資料。(左)信州大学のコンテナ型/(右)操作性の高いタッチパネル式コントロール


発表内では、高収量かつ高品質を実現する品種改良技術/栽培技術、環境制御の統合化などの重要性を紹介するとともに、「生産性の向上」や「エネルギー問題への対応」、「健康分野」などをキーワードとして挙げていた。

その他、弊社より国内外における植物工場の最新事例について、明治大学からは、植物工場基盤技術研究センターの取り組み(農商工連携を軸にした都市設置型植物工場の研究)、事業としてのポイント、イチゴの完全人工光型植物工場、LEDやCCFL(冷陰極管)による植物育成に関する研究などを紹介した。

また、企業による参入事例として、センサー開発や大学との産学連携・共同研究にも力を入れているアグリウェーブ社が発表し、自社が開発するコンテナ型〜大規模施設、信州大学や京都府立大学との共同研究、環境制御技術による同社の強みについて紹介した。