IHIグループの宇宙開発・気象観測技術を生かした農業情報サービスの研究開始

 株式会社IHIは、有限会社道下広長農場、株式会社日本能率協会コンサルティングと共同で、農林水産省が公募した『農業界と経済界の連携による先端モデル農業確立実証事業』における連携プロジェクト実施事業に、「先端農業経営コンソーシアム Team Tokachi」として応募し、実証事業として採択されました。

本実証事業は、農林水産省が、農業界と経済界が連携して行う先端モデル農業の確立に向けた取組を支援することにより、生産コストの削減と、その取組みを日本農業全体へ普及させることを目的に実施するものです。

 新事業の一貫として、平成23年度からIHIグループが持つ「宇宙開発」、「気象観測」、「農業機械」などで培った技術を活かした『IHI農業情報サービス』を、十勝帯広エリアの農業生産者向けに提供し、生産支援を行う研究開発を実施しています。

IHIグループの宇宙開発・気象観測技術を生かした農業情報サービスの研究開始

 この取組みを元に、道下広長農場、日本能率協会コンサルティングとの連携で、「作物・環境センシングと農作業カイゼンを組み合わせた“安定的に儲かる”農業モデルの構築」をテーマに、作物の生育環境(気象・土壌)・生育状態(植生活性度合など)と、農業生産コスト(労務費、資材費など)を把握しながら、農業生産手段(土地・機械・資本)の有効活用と、農作業の効率化を実践することで、コスト低減と品質・収量向上から収益向上を図る、先端技術の実証事業を提案しました。

実証事業は、平成26年度〜28年度の3年間で行い、収益の増減を定量的に評価することで、本取組みの効果を実証します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  2. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  3. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  4. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  5. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  6. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  7. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  8. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  9. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  10. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  2. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  3. 米国の農業ビジネス、トランプ発言への影響。既に数千万円に設備投資を行う経営者も
     1月20日に米国にてトランプ新大統領が誕生するが、今後の具体的な政策方針には農業分野の経営者も注目…
  4. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
ページ上部へ戻る