ALBERTとシナノ電子技研、都市開発や農業・医療分野といったビッグデータの活用領域で業務提携

 株式会社ALBERTと株式会社シナノ電子技研は、マシン・ツー・マシン通信(MtoM)、モノのインターネット(Internet of Things:IoT)に対応したビッグデータの活用領域において業務提携契約を締結した。

ALBERTとシナノ電子技研、都市開発や農業・医療分野といったビッグデータの活用領域で業務提携ALBERTとシナノ電子技研、都市開発や農業・医療分野といったビッグデータの活用領域で業務提携

これまでALBERTは、独自開発したプライベートDMP「smarticA!DMP(http://www.albert2005.co.jp/solution/DMP.html)」を活用して企業に蓄積されたビッグデータ(http://www.albert2005.co.jp/technology/mining/data.html#bigdata)を自動的に解析し、オムニチャネルで活用する支援を行なってまいりました。

一方、シナノ電子技研(http://www.shinanoee.co.jp/)は創業以来38年間培ってきた製造・生産技術を強みに、MtoMやIoTに対応したセンサーデバイスの生産およびワイヤレスセンサーネットワークプラットフォームの構築を実現しています。

 現在、エネルギーの最適化や省資源化を実現したスマートシティ構想に則った都市開発や、農業、医療、防犯、設備保全といった領域でワイヤレスセンサーネットワークを通してリアルタイムにビッグデータ(http://www.albert2005.co.jp/technology/mining/data.html#bigdata)を蓄積し、解析をした上で活用するための技術に大きな注目が集まっています。インターネットにつながるモノの数は2015年には世界で500億台に及ぶといわれ、MtoMおよびIoT市場は今後急激に拡大していくことが予想されます。

ALBERT(http://www.albert2005.co.jp/)はシナノ電子技研(http://www.shinanoee.co.jp/)との提携により、既に蓄積されたビッグデータ(http://www.albert2005.co.jp/technology/mining/data.html#bigdata)の解析と活用だけでなく、データを蓄積するためのハードウエアおよびワイヤレスセンサーネットワークの構築までをトータルにカバーすることで、この市場の拡大と発展に貢献してまいります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  2. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  3. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  4. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  5. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  6. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  7. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  8. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  9. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  10. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
  2. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  3. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  4. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
ページ上部へ戻る