農林中金による6次化ファンド案件、玄米を利用した加工疑似肉・総菜の生産加工会社を支援

 農林中央金庫は4月15日、政府とJAグループが出資するファンドを通じ、農産物の生産から加工、販売までを手がける「6次産業化」の会社設立を支援する案件として、2件を選んだと発表した。

 1件目は福岡県の農業生産法人出萌株式会社。同社では主にピーナツもやしを生産しており、新たに九州各地の農産物を使った総菜の生産加工販売「いずも食品加工」を3月に設立した。2件目は、玄米や玄米加工品を主に生産・販売する福井県の農業生産法人株式会社マイセンと、米の生産販売を行う同県の農業生産法人有限会社アグリエースが共同出資して6次産業化事業体を設立する(写真はマイセン社によるWEBサイトより)。

農林中金による6次化ファンド案件、玄米を利用した加工疑似肉・総菜の生産加工会社を支援

案件概要
・玄米や玄米加工品を主に生産・販売する福井県の農業生産法人株式会社マイセンと、米の生産販売を行う同県の農業生産法人有限会社アグリエースが共同出資して6次産業化事業体(当社)を設立する。

・当社では、株式会社マイセンが培った加工技術により、地元で生産される玄米等農産物を原料とし、見た目も食味も肉に似せた「擬似肉食材」に加工し全国に販売する。唐揚げやハンバーグ、メンチカツのメニューを準備し健康志向の女性や高齢者等のヘルシー志向の消費者ニーズに対応する。JAグループとも連携の上、農産物の取引拡大による農業者の所得向上や新たな事業立上げによる雇用創出を通じて地域活性化に貢献していく。

・当社の出資構成は、6次化ファンドが50百万円、株式会社マイセンが49百万円、有限会社アグリエースが1百万円。

案件概要
・ピーナッツもやしを主に生産する福岡県の農業生産法人出萌株式会社が6次産業化事業体(当社)を設立する。

・当社は、九州の農産物を活用して惣菜の製造・販売を行う。当社が製造する惣菜は、添加物を最小限に抑えダシや野菜など原料本来の味を活かした体に優しい食品であり、当社独自の技術等により9日間の賞味期限を確保し他社との差別化をしている。JAグループとも連携の上、農産物の取引拡大による農業者の所得向上に貢献していく。

・当社の出資構成は、6次化ファンドが35百万円、出萌株式会社が35百万円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  2. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  3. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  4. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  5. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  6. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  7. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  8. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  9. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  10. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  2. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
  3. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  4. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
ページ上部へ戻る