農林中金による6次化ファンド案件、玄米を利用した加工疑似肉・総菜の生産加工会社を支援

 農林中央金庫は4月15日、政府とJAグループが出資するファンドを通じ、農産物の生産から加工、販売までを手がける「6次産業化」の会社設立を支援する案件として、2件を選んだと発表した。

 1件目は福岡県の農業生産法人出萌株式会社。同社では主にピーナツもやしを生産しており、新たに九州各地の農産物を使った総菜の生産加工販売「いずも食品加工」を3月に設立した。2件目は、玄米や玄米加工品を主に生産・販売する福井県の農業生産法人株式会社マイセンと、米の生産販売を行う同県の農業生産法人有限会社アグリエースが共同出資して6次産業化事業体を設立する(写真はマイセン社によるWEBサイトより)。

農林中金による6次化ファンド案件、玄米を利用した加工疑似肉・総菜の生産加工会社を支援

案件概要
・玄米や玄米加工品を主に生産・販売する福井県の農業生産法人株式会社マイセンと、米の生産販売を行う同県の農業生産法人有限会社アグリエースが共同出資して6次産業化事業体(当社)を設立する。

・当社では、株式会社マイセンが培った加工技術により、地元で生産される玄米等農産物を原料とし、見た目も食味も肉に似せた「擬似肉食材」に加工し全国に販売する。唐揚げやハンバーグ、メンチカツのメニューを準備し健康志向の女性や高齢者等のヘルシー志向の消費者ニーズに対応する。JAグループとも連携の上、農産物の取引拡大による農業者の所得向上や新たな事業立上げによる雇用創出を通じて地域活性化に貢献していく。

・当社の出資構成は、6次化ファンドが50百万円、株式会社マイセンが49百万円、有限会社アグリエースが1百万円。

案件概要
・ピーナッツもやしを主に生産する福岡県の農業生産法人出萌株式会社が6次産業化事業体(当社)を設立する。

・当社は、九州の農産物を活用して惣菜の製造・販売を行う。当社が製造する惣菜は、添加物を最小限に抑えダシや野菜など原料本来の味を活かした体に優しい食品であり、当社独自の技術等により9日間の賞味期限を確保し他社との差別化をしている。JAグループとも連携の上、農産物の取引拡大による農業者の所得向上に貢献していく。

・当社の出資構成は、6次化ファンドが35百万円、出萌株式会社が35百万円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  2. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  3. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  4. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  5. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  6. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  7. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  8. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  9. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  10. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
  2. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  3. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  4. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
ページ上部へ戻る