日立建機、藻類による100%バイオ燃料にてショベルの稼働試験を実施

 日立建機は、藻類よりできたバイオ燃料を100%の濃度で使用し、世界で初めてハイブリッド油圧ショベルで500時間の稼働を達成したと4月11日に発表した。
同社はCO2排出が少なく、燃費の良い製品の製造を環境ビジョンに入れており、化石燃料の使用量を抑えた低燃費の建設機械の研究開発を進めている。環境適合製品の比率を高めるため、電動式油圧ショベルやハイブリッド油圧ショベルなどを製品化してきた。

日立建機、藻類による100%バイオ燃料にてショベルの稼働試験を実施

 バイオ燃料とは、大気中のCO2を吸収して生長した植物の油から作られ、地球環境上のCO2削減に寄与する燃料です。また、微細藻類とは、淡水や海水だけでなく、陸上にも普遍的に生育する微小な植物プランクトンの事です。微細藻類の大きさは数マイクロメートルから数10マイクロメートルですが、パームヤシやトウモロコシなどの油糧植物を大幅に上回る効率で油を生産します。

バイオ燃料の原料としてパームヤシやトウモロコシなどを用いる場合には、食糧との競合が課題となっていますが、微細藻類は食糧需給に影響を与えずに化石燃料への依存度を低減し、持続可能な社会の実現に大きく貢献する可能性を秘めています。

 本稼働試験の実施にあたっては、世界10数社に及ぶ各種の藻類バイオ燃料を詳細に検討しました。その中から、ディーゼルエンジンの稼働に適した燃料性状や開発状況を考慮して、ソラザイム社(Solazyme,Inc.、本社:アメリカ・カリフォルニア州)製の“ソラディーゼルRD(SoladieselRD)”を選択しました。

ソラディーゼルRDは、硫黄分や芳香族分を含まず、セタン価の高い燃料です。これらの特徴は、排出ガスの性状の改善や、急激な燃焼を防止する効果があり、従来のバイオ燃料や軽油にはないものです。そのため、ソラディーゼルRDはCO2を削減するだけでなく、新しい性状を有したバイオ燃料であるといえます。

ソラディーゼルRDを使用した稼働試験は、道路整備などを事業とし、バイオ燃料を通じた環境問題の解決に熱心に取り組んでいる前田道路株式会社に協力をいただいて、2013年9月から、福島県郡山市の前田道路郡山合材工場で実施しました。


試験は、標準機に比べてCO2の20%低減と省エネを実現したハイブリッド油圧ショベルZH200を使用し、エンジンメンテナンスサイクルの500時間稼働を目標に設定しました。また、日々のデータ収集には、衛星通信システム「グローバルe-サービス」を利用し、試験機の稼働状況を遠隔で監視、分析しました。遠隔監視の下、試験機は順調に稼働し、 11月に500時間の稼働を達成しました。
運転を担当した前田道路の協力会社のオペレータ(オペ歴14年)からは、操作性を損なうことなく、軽油と同等のパワーを得られた、とのコメントをいただきました。

 本試験は、燃料に対するこれまでの研究で蓄積したノウハウに基づき、事前に多くの確認作業を実施したことで、第一の目標である500時間の稼働を達成することができました。本試験の結果により、500時間以降の長期稼働時や他機種への適用性が、今後の検討項目となります。(本試験の結果は、当社のすべての製品および使用環境での適用性を保証するものではありません。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  2. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  3. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  4. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  5. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  6. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  7. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  8. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  9. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  10. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
  2. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  3. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  4. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
ページ上部へ戻る