トプコン、精密農業に向けたタッチスクリーンガイダンス装置を販売

 トプコンでは、精密農業に向けたタッチスクリーンガイダンスコンソール「X14」の日本国内への販売を開始した。本機は、GNSS(衛星測位システム)を用いて圃場での農機の走行ルートのガイダンス(誘導案内表示)や作業軌跡のマッピング、農機のオートステアリングを可能にするシステムのコントロールパネルとなっている。

トプコン、精密農業に向けたタッチスクリーンガイダンス装置を販売

【主な特長】
◎直観的なユーザーインターフェース
X14は、3Dグラフィック表示も可能な4.3インチのフルカラータッチスクリーンディスプレイを搭載しています。日本語表示やアイコンベースのメニューなど、ディスプレイの性能と相まって、炎天下でも見やすい設計となっています。
さらに、画面上部にはライトバーを表示し、設定した運行ラインと実際の走行ラインとの差を直観的に把握できます。

◎豊富なガイダンスパターン
A−Bライン、同一カーブ、ピボット、ガイドロック等、農地の形状や作業形態に合わせた豊富なガイダンスパターンを搭載しています。

◎作業軌跡のマッピング
GNSS受信機で取得した位置情報を使い、正確な作業軌跡のマッピングを行います。ディスプレイに作業軌跡を表示させることで、作業済/未作業を一目で把握できます。

◎用途に合わせてGNSS受信機を選択
・GNSS受信機 SGR−1
SGR−1は、マニュアル運転による走行軌跡のマッピングを行うことができる1周波GNSS受信機です。米国のGPSとロシアのGLONASSからの搬送波を受信するほか、当社独自の技術により、安定したガイダンスを可能にしています。

・2周波GNSS受信機/ステアリングコントローラ AGI−4
AGI−4は、GPSとGLONASSの2周波GNSS受信機やIMU(*1)、ステアリングコントローラを一体化し、高精度な自動運転とガイダンスを実現するGNSS受信機です。更なる高精度への要求に対応すべく、RTK(リアル・タイム・キネマティック)へのアップグレードが可能です。またAGI−4は、業界初(*2)のISO11783通信規格(*3)に準拠しています。

*1 Inertial Measurement Unitの略称であり、慣性計測装置のこと
*2 2014年3月現在、当社調べ
*3 ISO11783:農業・林業機械用シリアル通信制御ネットワークにおける国際標準の通信規格

◎電動ステアリングによる農機のオートステアリングに対応
2周波GNSS受信機/ステアリングコントローラAGI−4、電動ステアリングAES−25との組み合わせにより、高精度な農機のオートステアリングによるガイダンスを可能にします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  2. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  3. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  4. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  5. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  6. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  7. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  8. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  9. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  10. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  2. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  3. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  4. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
ページ上部へ戻る