トプコン、精密農業に向けたタッチスクリーンガイダンス装置を販売

 トプコンでは、精密農業に向けたタッチスクリーンガイダンスコンソール「X14」の日本国内への販売を開始した。本機は、GNSS(衛星測位システム)を用いて圃場での農機の走行ルートのガイダンス(誘導案内表示)や作業軌跡のマッピング、農機のオートステアリングを可能にするシステムのコントロールパネルとなっている。

トプコン、精密農業に向けたタッチスクリーンガイダンス装置を販売

【主な特長】
◎直観的なユーザーインターフェース
X14は、3Dグラフィック表示も可能な4.3インチのフルカラータッチスクリーンディスプレイを搭載しています。日本語表示やアイコンベースのメニューなど、ディスプレイの性能と相まって、炎天下でも見やすい設計となっています。
さらに、画面上部にはライトバーを表示し、設定した運行ラインと実際の走行ラインとの差を直観的に把握できます。

◎豊富なガイダンスパターン
A−Bライン、同一カーブ、ピボット、ガイドロック等、農地の形状や作業形態に合わせた豊富なガイダンスパターンを搭載しています。

◎作業軌跡のマッピング
GNSS受信機で取得した位置情報を使い、正確な作業軌跡のマッピングを行います。ディスプレイに作業軌跡を表示させることで、作業済/未作業を一目で把握できます。

◎用途に合わせてGNSS受信機を選択
・GNSS受信機 SGR−1
SGR−1は、マニュアル運転による走行軌跡のマッピングを行うことができる1周波GNSS受信機です。米国のGPSとロシアのGLONASSからの搬送波を受信するほか、当社独自の技術により、安定したガイダンスを可能にしています。

・2周波GNSS受信機/ステアリングコントローラ AGI−4
AGI−4は、GPSとGLONASSの2周波GNSS受信機やIMU(*1)、ステアリングコントローラを一体化し、高精度な自動運転とガイダンスを実現するGNSS受信機です。更なる高精度への要求に対応すべく、RTK(リアル・タイム・キネマティック)へのアップグレードが可能です。またAGI−4は、業界初(*2)のISO11783通信規格(*3)に準拠しています。

*1 Inertial Measurement Unitの略称であり、慣性計測装置のこと
*2 2014年3月現在、当社調べ
*3 ISO11783:農業・林業機械用シリアル通信制御ネットワークにおける国際標準の通信規格

◎電動ステアリングによる農機のオートステアリングに対応
2周波GNSS受信機/ステアリングコントローラAGI−4、電動ステアリングAES−25との組み合わせにより、高精度な農機のオートステアリングによるガイダンスを可能にします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  2. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  3. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  4. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  5. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  6. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  7. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  8. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  9. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  10. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  2. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  3. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
  4. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
ページ上部へ戻る