農機メーカーが、メビオールのフィルム栽培による高糖度トマトの本格生産と販売開始(八鹿鉄工)

兵庫県養父市の農業機械メーカーである八鹿鉄工が高糖度トマト栽培で農業に参入し、「甘えん坊の赤オニくん」の商品名で販売を開始した。メインターゲットは贈答用を想定しており、今後は直売所も建設しながら年間売上高1億円を目指す同社は昨年、工場の遊休地に栽培ハウスを建設。特殊フィルム栽培のアイメック法を採用し、約3500株を栽培している。


フィルム栽培では、フィルムの内側にある液体から養分を吸収しようとトマトが多くの毛根を伸ばし、通常の2〜3倍の糖度になるという。フィルムが菌を通さず、病気にもかかりにくい。


同社は1941年に創業し、大手農機具メーカーのコンバイン部品や、除雪機などを製造。生産管理や品質管理、省力化などでこれまでに培ったノウハウを生かせると農業に進出した。昨年には自社敷地内にLED光源を利用した完全人工光型植物工場の試験栽培も行っている

農機メーカーがフィルム栽培による高糖度トマトの本格生産と販売開始(八鹿鉄工)

・甘えん坊の赤オニくん/容量:200g、価格400円(税込)
・甘えん坊の赤オニくんモアスイーツ/容量6個入り、価格未定



本格生産をスタートさせたことで、年間17トンの中玉トマトの収穫を見込んでいる。今後は、生食用のほかに、ジャムやジュースなどへの加工や販売ができる態勢作りを目指し、京阪神での販売を視野に入れている。生食用は、200グラム(10個前後)にて400円(税込)で販売する。(参考:養父市のWEBサイトより)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  2. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  3. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  4. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  5. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  6. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  7. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  8. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  9. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  10. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  2. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  3. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  4. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
ページ上部へ戻る