腎臓病透析患者をメインターゲットとする低カリウム野菜の生産にむけて、量産技術を持つ会津富士加工とフランチャイズ契約を締結(片倉工業)

片倉工業は全国に約30万人が存在する腎臓病透析患者をメインターゲットとした低カリウムレタスの生産について、既に量産技術を持つ会津富士加工(福島県会津若松市)とフランチャイズ契約を結び、技術の提供を受けながら完全人工光型植物工場にて生産を行う。


埼玉県加須市にある同社の自動車部品工場内の空きスペースを利用して栽培し、今秋に出荷を始める予定。カリウムの含有量を5分の1程度に減らすことでえぐみが少なくマイルドな味になるという。


植物工場の投資額は約3億円。1日の生産量は約3800株で、生産したレタスは会津富土加工が購入し、デパ地下や病院などに販売する。販売価格は90グラムで480円程度を想定する。一般的なリーフレタスに比べ、えぐみが少ないほか農薬を使わないため水洗いの必要がないのも特徴である。

低カリウム野菜の量産事業化の決定について

片倉業株式会社は、会津富士加工株式会社(本社:福島県会津若松市、代表取締役社長:松永茂)とフランチャイズ契約を締結し、新規事業として人工光による完全閉鎖型植物工場で、農薬を使用していない安全・安全な低カリウム野菜を量産事業化することを決定しましたので、お知らせいたします。


当社は、中期経営計画「カタクラ2016」の中で「介護・福祉」「環境関連」「コミュニティサービス」「健康」の4分野において、グループの新たな柱となる事業を創出すべく取り組んでまいりました。

アグリ関連の取り組みとして、植物工場での付加価値野菜の生産について研究を重ねてきましたが、会津富士加工株式会社が世界で初めて量産化に成功した低カリウムレタス「ドクターベジタブル」に着目し、そのせ試算技術・ノウハウの提供を受け、量産事業化するため、フランチャイズ契約を締結しました。

腎臓病透析患者をメインターゲットとする低カリウム野菜の生産にむけて、量産技術を持つ会津富士加工とフランチャイズ契約を締結(片倉工業)

■事業の概要
フランチャイズ契約

:会津富士加工からの技術提供、全量買取
工場用地
:埼玉県加須市(機械電子事業部加須工場内)
工場規模
:延床面積約1,000平方メートル
生産規模
:フル生産時3,800株/day
投資額
:総額約3億円