腎臓病透析患者をメインターゲットとする低カリウム野菜の生産にむけて、量産技術を持つ会津富士加工とフランチャイズ契約を締結(片倉工業)

片倉工業は全国に約30万人が存在する腎臓病透析患者をメインターゲットとした低カリウムレタスの生産について、既に量産技術を持つ会津富士加工(福島県会津若松市)とフランチャイズ契約を結び、技術の提供を受けながら完全人工光型植物工場にて生産を行う。


埼玉県加須市にある同社の自動車部品工場内の空きスペースを利用して栽培し、今秋に出荷を始める予定。カリウムの含有量を5分の1程度に減らすことでえぐみが少なくマイルドな味になるという。


植物工場の投資額は約3億円。1日の生産量は約3800株で、生産したレタスは会津富土加工が購入し、デパ地下や病院などに販売する。販売価格は90グラムで480円程度を想定する。一般的なリーフレタスに比べ、えぐみが少ないほか農薬を使わないため水洗いの必要がないのも特徴である。

低カリウム野菜の量産事業化の決定について

片倉業株式会社は、会津富士加工株式会社(本社:福島県会津若松市、代表取締役社長:松永茂)とフランチャイズ契約を締結し、新規事業として人工光による完全閉鎖型植物工場で、農薬を使用していない安全・安全な低カリウム野菜を量産事業化することを決定しましたので、お知らせいたします。


当社は、中期経営計画「カタクラ2016」の中で「介護・福祉」「環境関連」「コミュニティサービス」「健康」の4分野において、グループの新たな柱となる事業を創出すべく取り組んでまいりました。

アグリ関連の取り組みとして、植物工場での付加価値野菜の生産について研究を重ねてきましたが、会津富士加工株式会社が世界で初めて量産化に成功した低カリウムレタス「ドクターベジタブル」に着目し、そのせ試算技術・ノウハウの提供を受け、量産事業化するため、フランチャイズ契約を締結しました。

腎臓病透析患者をメインターゲットとする低カリウム野菜の生産にむけて、量産技術を持つ会津富士加工とフランチャイズ契約を締結(片倉工業)

■事業の概要
フランチャイズ契約

:会津富士加工からの技術提供、全量買取
工場用地
:埼玉県加須市(機械電子事業部加須工場内)
工場規模
:延床面積約1,000平方メートル
生産規模
:フル生産時3,800株/day
投資額
:総額約3億円


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  2. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  3. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  4. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  5. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  6. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  7. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  8. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  9. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  10. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  2. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  3. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  4. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
ページ上部へ戻る