腎臓病透析患者をメインターゲットとする低カリウム野菜の生産にむけて、量産技術を持つ会津富士加工とフランチャイズ契約を締結(片倉工業)

片倉工業は全国に約30万人が存在する腎臓病透析患者をメインターゲットとした低カリウムレタスの生産について、既に量産技術を持つ会津富士加工(福島県会津若松市)とフランチャイズ契約を結び、技術の提供を受けながら完全人工光型植物工場にて生産を行う。


埼玉県加須市にある同社の自動車部品工場内の空きスペースを利用して栽培し、今秋に出荷を始める予定。カリウムの含有量を5分の1程度に減らすことでえぐみが少なくマイルドな味になるという。


植物工場の投資額は約3億円。1日の生産量は約3800株で、生産したレタスは会津富土加工が購入し、デパ地下や病院などに販売する。販売価格は90グラムで480円程度を想定する。一般的なリーフレタスに比べ、えぐみが少ないほか農薬を使わないため水洗いの必要がないのも特徴である。

低カリウム野菜の量産事業化の決定について

片倉業株式会社は、会津富士加工株式会社(本社:福島県会津若松市、代表取締役社長:松永茂)とフランチャイズ契約を締結し、新規事業として人工光による完全閉鎖型植物工場で、農薬を使用していない安全・安全な低カリウム野菜を量産事業化することを決定しましたので、お知らせいたします。


当社は、中期経営計画「カタクラ2016」の中で「介護・福祉」「環境関連」「コミュニティサービス」「健康」の4分野において、グループの新たな柱となる事業を創出すべく取り組んでまいりました。

アグリ関連の取り組みとして、植物工場での付加価値野菜の生産について研究を重ねてきましたが、会津富士加工株式会社が世界で初めて量産化に成功した低カリウムレタス「ドクターベジタブル」に着目し、そのせ試算技術・ノウハウの提供を受け、量産事業化するため、フランチャイズ契約を締結しました。

腎臓病透析患者をメインターゲットとする低カリウム野菜の生産にむけて、量産技術を持つ会津富士加工とフランチャイズ契約を締結(片倉工業)

■事業の概要
フランチャイズ契約

:会津富士加工からの技術提供、全量買取
工場用地
:埼玉県加須市(機械電子事業部加須工場内)
工場規模
:延床面積約1,000平方メートル
生産規模
:フル生産時3,800株/day
投資額
:総額約3億円


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  2. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  3. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  4. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  5. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  6. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  7. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  8. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  9. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  10. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
    2008年7月12日に、植物工場ビジネスに関して(株)フェアリーエンジェル、代表取締役の江本謙次氏を…
  2. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  3. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  4. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
ページ上部へ戻る