耕作放棄地にて太陽光発電「ソーラーシェアリング」と薬用植物としても利用されるエキナセアの無農薬栽培を開始

静岡県のJA函南東部と農業生産法人日本豊受自然農株式会社では、丹那盆地の約60反の耕作放棄地で、太陽光発電「ソーラーシェアリング」を行い、太陽光発電パネルの下に農薬、化学肥料を使わない自然型農業でハーブ「エキネシア」栽培を実施する

震災から3年 自然型農業と自然エネルギーのコラボ 丹那・豊受エキネシアプロジェクトがスタート

東日本大震災からちょうど3年となる2014年3月11日に、静岡県函南町の丹那盆地で、JA函南東部と農業生産法人 日本豊受自然農株式会社(設立:2011年、代表:由井 寅子)は、「丹那・豊受エキネシアプロジェクト」をスタートしました。

このプロジェクトは丹那盆地の約60反の耕作放棄地で、太陽光発電「ソーラーシェアリング」を行い、太陽光発電パネルの下に農薬、化学肥料を使わない自然型農業でハーブ「エキネシア」栽培を行うことで、農村・農業の活性化、日本人の健康に貢献します。良質な薬草の栽培と自然型エネルギーを組み合わせ、日本の食と農業復興を目指すパイロットプロジェクトです。

プロジェクトのスタートとなった当日には、ハーブ「エキネシア」の苗を栽培するために開墾された約3反半に、種が蒔かれました。この種は、日本豊受自然農の洞爺自然農場で無農薬、無化学肥料で栽培が繰り返され、自然農場の自家採種が使われました。

耕作放棄地にて太陽光発電「ソーラーシェアリング」と薬用植物としても利用されるエキナセアの無農薬栽培を開始

■耕作放棄地活用 農村復興へ ハーブ栽培を採用へ
JA函南東部では、丹那盆地でも拡大する耕作放棄地(※農業を行う後継者がなく耕作が放棄された農地でその面積の拡大が全国で大きな問題となっている)の有効活用のため、太陽光発電を導入する「ソーラーシェアリング」を行う計画が進められていました。

この計画は、裸地に高さ1.5mのソーラーパネルが並ぶ自然エネルギー発電所とするだけでなく、先祖から守り伝えられてきた農地の伝統を守るという耕作放棄地活用・農村復興という視点から、函南町で2011年から自然農法でハーブ「カレンデュラ」(和名 キンセンカ)などの栽培に取り組んでいる日本豊受自然農に相談を持ちかけられたことがきっかけでした。


■日本豊受自然農がこのプロジェクトを全面支援へ
もともと、日本豊受自然農では、北海道洞爺 8年や静岡県函南町 7年といった自然農法でのハーブ栽培の実績を積み重ねており、そのノウハウの提供が可能でしたが、話を進めるうちに、計画そのものに日本豊受自然農がJA函南東部に全面的に協力して取り組むことになりました。そして、函南・丹那地域の町起こしにとどまらず、日本の農村・農業復興のモデルケースを目指してプロジェクトがスタートしました。


■栽培ハーブとして、「エキネシア」を選定、将来は町の観光資源に
今回、ハーブの専門家でもある日本豊受自然農代表の由井 寅子が函南の地で栽培するハーブとして選んだのは「エキネシア」。
「エキネシア」は、ハーブ(薬草)としての特長が明確なこと。栽培や管理のしやすさ、そして、多年草で数年間を経ると、魅力的なピンク色の花のじゅうたんで耕作放棄地がおおわれ、町の将来の観光資源となることで函南・丹那の活性化につながる点が「エキネシア」を選んだ決め手となりました。

農薬、化学肥料を使わない栽培方法のため、地域や全国の自然型農業を行うボランティアの方々にもご協力頂いて、草抜きを続けていく中で、2年後くらいから花を咲かせ始める予定です。その後も草抜きなどの活動も必要ですが、毎年、一面に、花を咲かせるハーブ園に変わっていきます。花の季節には鮮やかなピンク色と芳香が丹那盆地を包むことになり、訪れる人々を癒してくれる丹那地域の観光資源として育てていく予定です。


3月11日に行われた「丹那・豊受エキネシアプロジェクト」の模様は「第3回 日本の農業と食シンポジウム」で報告されます

「第3回 日本の農業と食シンポジウム」の詳細ご案内
日時 :2014年3月15日(土) 10:00〜17:00予定
    2014年3月16日(日) 9:00〜16:30予定
会場 :西陣織会館 五階特設会場 (京都市上京区)
大会長:日本豊受自然農代表 由井 寅子

▼ライブ会場で参加希望の方は下記特設サイトからお申込みください
特設サイト http://www.toyouke.com/kyoto2014/index.html
(2011年3月20日 第1回開催報告 http://toyouke.com/event/kyoto2012/index.html )
(2012年3月19、20日 第2回開催報告 http://toyouke.com/kyoto2013/index.html )

▼2日間のプログラムはコチラ

http://www.toyouke.com/kyoto2014/cat5/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  2. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  3. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  4. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  5. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  6. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  7. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  8. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  9. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  10. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  2. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  3. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  4. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
ページ上部へ戻る