天然ガスを活用したトリジェネシステムにて、トマトやベビーリーフの通年栽培。北海道苫小牧市にて竣工式を開催(JFEエンジニアリング)

JFEエンジニアリングおよびグループ会社のJファーム苫小牧株式会社は3月18日、北海道の苫小牧市東部の工業団地で植物工場の起工式を開いた。同社では、昨年10月、オランダ型の高栽培制御システムや国内初の大規模トリジェネレーションシステムを取り入れた生産プラントによる農業ビジネスへの参入を決定し、スマートアグリ事業部を発足した。


建設予定の施設では、天然ガスを使った発電設備で植物の生育に必要な熱、二酸化炭素(CO2)を同時にまかなう「トリジェネレーション」システムを導入し、道内でもベビーリーフ・トマトの通年栽培を目指す。施設は7月に完成し、秋にはベビーリーフなど野菜の出荷を始める計画。

天然ガスを活用したトリジェネシステムにて、トマトやベビーリーフの通年栽培を北海道でも目指す(JFEエンジニアリング)

<同社による事業計画資料より>


JFEエエンジニアリングと札幌市の農業生産法人、アド・ワン・ファームが共同出資して設立したJファーム苫小牧が運営する。3.8ヘクタールの敷地に設けた1.5ヘクタールの栽培棟で、ベビーリーフとトマトをそれぞれ年間100トンずつ栽培できる。その他、同社ではトリジェネレーションシステムの運用で培った技術を生かした、低コスト型のプラントも開発・外販したい考えで、野菜の販売と併せて5年後に100億円の売上高を目指す、という。


※ 参考:同社によるプレスリリースより

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  2. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  3. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  4. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  5. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  6. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  7. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  8. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  9. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  10. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  2. タキイ種苗、機能性野菜「ファイトリッチ」シリ−ズのタネを発売
     タキイ種苗株式会社は、野菜の"機能性成分"を豊富に含み"おいしさ"を兼ね備えた『ファイトリッチ』シ…
  3. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  4. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
ページ上部へ戻る