ガーデニング市場に関する調査結果2013、レジャー農業への参加が幅広い年齢層に拡大・堅調な市場推移を予測(矢野経済研究所)

調査会社の矢野経済研究所では、苗や球根などの植物や関連する栽培資材などを含む国内のガーデニング市場について調査を実施した。国内における2013年度のガーデニング市場全体の規模は、前年度比98.4%の2220億円を見込み、農業に対する関心の高まりから、都市部を中心に市民農園や貸し農園の開園が増加し、今後も拡大が予測されている。

ガーデニング市場に関する調査結果 2013
〜「レジャー農業」への参加が幅広い年齢層に拡大、堅調な市場推移を予測〜


矢野経済研究所は次の要綱にて国内のガーデニング市場について調査を実施した。

1. 調査期間:2013年10月〜2014年2月
2. 調査対象:植物取扱企業、ガーデニング資材取扱企業、関連団体等
3. 調査方法:当社専門研究員による直接面接取材及び電話などによるヒアリング、および文献調査併用


<ガーデニング市場とは>
本調査におけるガーデニング市場は植物分野と資材分野に大別され、植物分野とは、花壇用苗物、野菜苗・果樹苗、花木、球根、芝・グランドカバープランツ、鉢物等を対象とし、資材分野とは、鉢・プランター、家庭園芸用農薬、家庭園芸用肥料、家庭園芸用培養土、ミニ耕運機、ガーデニング関連商品*を対象とする。

なお家庭菜園向け野菜苗・果樹苗の市場規模は、ガーデニング市場規模(図1)の内数である。


*ガーデニング関連商品とは輸入ブランドガーデニンググッズ(グローブ、ウェストエプロン、その他ブランド物)、ガーデンファニチャー、ウッドデッキ・トレリス等のウッド製品、園芸関連機器(芝刈機、噴霧器、散水用品)、園芸金物類(移植ゴテ、スイーパー草抜き、ガーデンハンマー、ハサミ等)などをさす。


調査結果サマリー
◆ 2013年度のガーデニング市場規模は前年度比98.4%で2,220億円の見込
農業に対する関心の高まりにより、今後は堅調推移を予測


2013年度のガーデニング市場規模は前年度比98.4%の2,220億円を見込む。中高年層や若年層といった年齢層における農業に対する関心の高まりから、都市部を中心に市民農園や貸し農園の開園が増加、2014年度は前年度比100.9%の2,240億円、2015年度は2,261億円と市場全体としては堅調な推移を予測する。


◆ 2013年度の家庭菜園向け野菜苗・果樹苗市場規模は前年度比94.3%で150億円の見込
消費者の健康志向や食への安全志向を背景に今後は拡大を予測

家庭菜園を始めるユーザー層の増加を背景に野菜苗の商品拡充や、ベランダ菜園用や室内用の栽培キットなど、初心者にとっても手軽に家庭菜園を始められるような資材も商品化されている。消費者の健康志向や食への安全志向を背景に、2014年度は前年度比102.0%の153億円、2015年度は同104.6%の160億円と今後も拡大を予測する。

ガーデニング市場に関する調査結果2013(矢野経済研究所WEBサイト)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  2. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  3. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  4. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  5. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  6. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  7. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  8. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  9. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  10. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
  2. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  3. カナダ・トロントの新プロジェクト。建築デザインに農業を融合させた「アグリテクチャー(Agri-Tecture)」
     カナダでは各都市による「グリーン・シティ」開発が進められており、例えば、バンクーバー市は2020年…
  4. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
ページ上部へ戻る