温室ハウス向けフッ素系フィルムの需要拡大を見込み、中国・上海にて技術サービス拠点を新設(旭硝子)

旭硝子は中国・上海に化学品の技術サービス拠点を新設し、営業を開始した。顧客の要望を製品化する際に、スピードを速める狙い。2016年までに、農業用グリーンハウス向けのフッ素系フィルムなど化学製品の需要が11年に比べて2倍になるとみて、拠点を設けることにした以下、同社によるプレスリリース(PDF)を掲載しておく。

上海市に化学品事業中国初のテクニカルセンターを新設
〜技術サービス体制の強化でフッ素系機能化学品の販売を拡大〜


AGC(旭硝子株式会社、本社:東京、社長:石村和彦)は、上海市に当社化学品事業中国初のテクニカルセンターを開設し、3月10日より営業を開始します。これにより、地域密着型の技術サービス体制を強化し、フッ素系機能化学品の中国における販売拡大を目指します。


当社は、現在、上海市の旭硝子化工貿易および同社広州分公司(支店)で地域に密着した営業活動を行っており、中国の当社化学品の売上高は、フッ素系機能化学品を中心にこの数年で倍増しています。高耐候、長寿命などの優れた特長を持つフッ素系機能化学品は、自動車、エレクトロニクス、建築、農業用グリーンハウス向けなどの需要が伸びており、今後も環境関連分野などで高い需要の伸びが期待されます。


こうしたフッ素系機能化学品は、用途拡大に伴いお客様から高度で迅速な技術サポートを要望されるケースが増えています。当社は、市場のニーズに応えることで事業展開をさらに加速させるため、テクニカルサービス、技術開発、分析などの業務を行うテクニカルセンターを上海市内に新設することとしました。


<テクニカルセンター概要>
1.正式名称 旭硝子化工貿易(上海)有限公司 ?行分公司
2.所 在 地 中華人民共和国 上海市?行区
3.業務開始 2014年3月10日(予定)
4.事業内容 フッ素樹脂「Fluon®」、フッ素樹脂フィルム「アフレックス®」、塗料用フッ素樹脂「ルミフロン®」、フッ素ゴム「AFLAS®」、環境対応型フッ素系撥水・撥油加工剤「アサヒガード®Eシリーズ」等のテクニカルサービス、技術開発および分析業務。


※ 詳細は同社によるプレスリリース(PDF)をご参照下さい。