温室ハウス向けフッ素系フィルムの需要拡大を見込み、中国・上海にて技術サービス拠点を新設(旭硝子)

旭硝子は中国・上海に化学品の技術サービス拠点を新設し、営業を開始した。顧客の要望を製品化する際に、スピードを速める狙い。2016年までに、農業用グリーンハウス向けのフッ素系フィルムなど化学製品の需要が11年に比べて2倍になるとみて、拠点を設けることにした以下、同社によるプレスリリース(PDF)を掲載しておく。

上海市に化学品事業中国初のテクニカルセンターを新設
〜技術サービス体制の強化でフッ素系機能化学品の販売を拡大〜


AGC(旭硝子株式会社、本社:東京、社長:石村和彦)は、上海市に当社化学品事業中国初のテクニカルセンターを開設し、3月10日より営業を開始します。これにより、地域密着型の技術サービス体制を強化し、フッ素系機能化学品の中国における販売拡大を目指します。


当社は、現在、上海市の旭硝子化工貿易および同社広州分公司(支店)で地域に密着した営業活動を行っており、中国の当社化学品の売上高は、フッ素系機能化学品を中心にこの数年で倍増しています。高耐候、長寿命などの優れた特長を持つフッ素系機能化学品は、自動車、エレクトロニクス、建築、農業用グリーンハウス向けなどの需要が伸びており、今後も環境関連分野などで高い需要の伸びが期待されます。


こうしたフッ素系機能化学品は、用途拡大に伴いお客様から高度で迅速な技術サポートを要望されるケースが増えています。当社は、市場のニーズに応えることで事業展開をさらに加速させるため、テクニカルサービス、技術開発、分析などの業務を行うテクニカルセンターを上海市内に新設することとしました。


<テクニカルセンター概要>
1.正式名称 旭硝子化工貿易(上海)有限公司 ?行分公司
2.所 在 地 中華人民共和国 上海市?行区
3.業務開始 2014年3月10日(予定)
4.事業内容 フッ素樹脂「Fluon®」、フッ素樹脂フィルム「アフレックス®」、塗料用フッ素樹脂「ルミフロン®」、フッ素ゴム「AFLAS®」、環境対応型フッ素系撥水・撥油加工剤「アサヒガード®Eシリーズ」等のテクニカルサービス、技術開発および分析業務。


※ 詳細は同社によるプレスリリース(PDF)をご参照下さい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  2. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  3. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  4. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  5. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  6. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  7. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  8. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  9. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  10. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  2. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  3. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  4. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
ページ上部へ戻る