「食・農」サプライチェーン向けの監査・栽培管理支援のクラウドサービスを開始(富士通エフサス)

富士通エフサスは「食・農」のサプライチェーンを対象とした監査支援サービス「アセスメント支援アプリ」、農業栽培工程管理支援「耕作のしおり」の2つのサービスを提供する。「耕作のしおり」では、作付け計画や作業の進捗管理などをパソコンなどで簡単にでき、データはクラウド上に保管する。初期費用はハードウエア込みで65万円で運用費用が年額2万4000円から。以下では同社によるプレスリリースを掲載しておく。

「食・農」のサプライチェーン向けの監査・栽培管理支援のクラウドサービスを開始(富士通エフサス)

現場の情報・知識をクラウドに統合し、新たな価値を創造する新サービスを提供
〜第一弾は「食・農」のサプライチェーン向けの監査支援、栽培管理支援〜


当社は、このほど現場の情報・知識を収集し、クラウド上に統合して新たな価値を創造する新サービス「FUJITSU Intelligent Society Solution 智のWA!(ちえのわ)」を提供開始いたします。

近年、「ビッグデータ時代」と言われるように、人がPCやスマートフォンなどに直接入力する情報はもとより、気象情報、家電や自動車の各種センサーといった「モノ」から収集される情報など、大量データの有効活用が求められています。

当社は、本サービスにより、今まで有効に活用できていなかった情報・知識を収集し、「智のWA!クラウド」(注1)に統合するとともに、様々な形で異業種連携を行うことで、新たな価値を創造し提供してまいります。


その第一弾として、「食・農」のサプライチェーンを対象とした監査支援サービス「アセスメント支援アプリ」、農業栽培工程管理支援「耕作のしおり」の2つのサービスを提供いたします。これらは、今後、富士通株式会社が提供している「FUJITSU Intelligent Society Solution 食・農クラウド Akisai」と連携することにより、食・農分野の課題解決にさらに貢献してまいります。


ICTは、今や「業務の効率化」のためのツールから、「より良い社会への変革」や「人々の能力向上」に貢献するものとなっています。当社は、今後、「智のWA!」を始め、従来の枠を越えた様々なコラボレーションを行い、多くの人々とともに、ICTの力を活用して様々な価値を創造し、豊かな社会の実現を目指してまいります。


今般、当社は、「智のWA!」サービスの第一弾として、「食・農」のサプライチェーンを対象とした監査支援サービス「アセスメント支援アプリ」、農業栽培工程管理支援「耕作のしおり」の2つのサービスを新たに提供いたします。あわせて提供済の「気象センシングサービス」も「智のWA!」に統合しました。


※ 詳細は同社によるプレスリリースをご参照下さいませ。
※ 参考サイト:農業の栽培工程「耕作のしおり」について

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  2. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  3. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  4. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  5. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  7. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  8. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  9. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  10. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
  2. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  3. サカタのタネ・住友化学園芸など、レタスや薬味の栽培用キットを全国ファミマ店舗にて販売
     サカタのタネ、ファミリーマート、住友化学園芸の3社は、野菜や草花などガーデニング分野におけるオリジ…
  4. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
ページ上部へ戻る