クボタとモンベルが農作業用フィールドウエアの販売で連携、高機能による快適性とデザイン性を追求した商品を開発

クボタとアウトドア用品製造販売のモンベルは3月13日、農作業用の服の販売で協力すると発表した。モンベルが農業従事者向けに開発した雨具などをクボタが全国の農機販売会社を通じて4月から販売する。耐久性や形状などの使い勝手を重視したほか、女性や若者向けに色やデザインにもこだわった以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。

クボタとモンベルが農作業用フィールドウエアの販売で連携

株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区、会長兼社長:益本康男、以下「クボタ」)と株式会社モンベル(本社:大阪市西区、会長:辰野勇、以下「モンベル」)は、「日本の農業を元気にしたい」という共通の思いのもと、農業に取り組む方々に対して、高機能による「快適性」とスタイリッシュなデザインによる「楽しさ」を提供するフィールドウエアの販売を2014年4月から開始します。


<背景と目的>
・個人農家、担い手農家、ホビー層など、農業に関わる方々や農業にチャレンジしたいと考える方々のスタイルは、今後ますます多様化していくと考えられます。

・自然を相手にする農業は、厳しい寒さや暑さ、雨や雪の中での重作業もあり、多くの方々に継続して農業に取り組んでいただくためには、より「快適」に「楽しく」作業できる環境が必要です。

・このたび、「元氣農業」をテーマに日本農業の応援に取り組んできた農業機械メーカーのクボタと、第一次産業に従事する方向けのフィールドウエアを開発したアウトドアメーカーのモンベルは、「日本農業を元気にしたい」という共通の思いのもと、農作業用フィールドウエアの販売で連携することになりました。

・ウエアの耐摩耗性や通気性などの高機能による「快適性」と、色鮮やかでスタイリッシュなデザインによる「楽しさ」で、現在農業に取り組まれている方々に喜んでもらうだけでなく、新しい力を呼び込むための農業の魅力アップにも寄与していく考えです。

クボタとモンベルが農作業用フィールドウエアの販売で連携、高機能による快適性とデザイン性を追求した商品を開発

<連携の概要>
・クボタは、2014年4月から農機販売会社を通じてモンベルのフィールドウエアを販売します。また、モンベルとの連携を通じて「農業の楽しさ」をアウトドア愛好家層へ提案してまいります。

・モンベルは、クボタとの連携を通じて、農作業をさらに快適に、楽しくする商品開発と提案を行ってまいります。


1)フィールド レインシリーズ (全4種)
(※)2,400〜19,000円(税抜)※クボタロゴ入りのウエア(写真)も販売します。

2)フィールド エプロンシリーズ (全4種)
2,700〜5,048円(税抜)

3)フィールド キャップ&ハット (全3種)
3,100〜4,000円(税抜)

4)パンタナルブーツ (全3種)
6,300〜7,619円(税抜)

※ 詳細は同社によるプレスリリースをご参照下さいませ。

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイトへ