クボタとモンベルが農作業用フィールドウエアの販売で連携、高機能による快適性とデザイン性を追求した商品を開発

クボタとアウトドア用品製造販売のモンベルは3月13日、農作業用の服の販売で協力すると発表した。モンベルが農業従事者向けに開発した雨具などをクボタが全国の農機販売会社を通じて4月から販売する。耐久性や形状などの使い勝手を重視したほか、女性や若者向けに色やデザインにもこだわった以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。

クボタとモンベルが農作業用フィールドウエアの販売で連携

株式会社クボタ(本社:大阪市浪速区、会長兼社長:益本康男、以下「クボタ」)と株式会社モンベル(本社:大阪市西区、会長:辰野勇、以下「モンベル」)は、「日本の農業を元気にしたい」という共通の思いのもと、農業に取り組む方々に対して、高機能による「快適性」とスタイリッシュなデザインによる「楽しさ」を提供するフィールドウエアの販売を2014年4月から開始します。


<背景と目的>
・個人農家、担い手農家、ホビー層など、農業に関わる方々や農業にチャレンジしたいと考える方々のスタイルは、今後ますます多様化していくと考えられます。

・自然を相手にする農業は、厳しい寒さや暑さ、雨や雪の中での重作業もあり、多くの方々に継続して農業に取り組んでいただくためには、より「快適」に「楽しく」作業できる環境が必要です。

・このたび、「元氣農業」をテーマに日本農業の応援に取り組んできた農業機械メーカーのクボタと、第一次産業に従事する方向けのフィールドウエアを開発したアウトドアメーカーのモンベルは、「日本農業を元気にしたい」という共通の思いのもと、農作業用フィールドウエアの販売で連携することになりました。

・ウエアの耐摩耗性や通気性などの高機能による「快適性」と、色鮮やかでスタイリッシュなデザインによる「楽しさ」で、現在農業に取り組まれている方々に喜んでもらうだけでなく、新しい力を呼び込むための農業の魅力アップにも寄与していく考えです。

クボタとモンベルが農作業用フィールドウエアの販売で連携、高機能による快適性とデザイン性を追求した商品を開発

<連携の概要>
・クボタは、2014年4月から農機販売会社を通じてモンベルのフィールドウエアを販売します。また、モンベルとの連携を通じて「農業の楽しさ」をアウトドア愛好家層へ提案してまいります。

・モンベルは、クボタとの連携を通じて、農作業をさらに快適に、楽しくする商品開発と提案を行ってまいります。


1)フィールド レインシリーズ (全4種)
(※)2,400〜19,000円(税抜)※クボタロゴ入りのウエア(写真)も販売します。

2)フィールド エプロンシリーズ (全4種)
2,700〜5,048円(税抜)

3)フィールド キャップ&ハット (全3種)
3,100〜4,000円(税抜)

4)パンタナルブーツ (全3種)
6,300〜7,619円(税抜)

※ 詳細は同社によるプレスリリースをご参照下さいませ。

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  2. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  3. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  4. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  5. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  6. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  7. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  8. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  9. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  10. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
  2. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  3. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  4. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
ページ上部へ戻る