沖縄県内にて最大規模の完全人工光型植物工場による出荷がスタート。部屋ごとに栽培品目と温度帯を変えて生産(おおぎみファーム)

沖縄県内最大規模の完全人工光型植物工場にてリーフレタスなどの生産・販売する株式会社おおぎみファームは3月3日から商品の出荷を始めた。居酒屋やホテルなどの飲食店から注文や契約が増えている。1日に1500株の生産が可能で、初年度の売り上げは1億円を目指す

沖縄県内にて最大規模の完全人工光型植物工場による出荷がスタート。部屋ごとに栽培品目と温度帯を変えて生産(おおぎみファーム)

<同社によるWEBサイトより引用>


22度と低温に設定した1階部分では、リーフレタスやわさび菜など10種類を栽培。25度と熱帯気候に合わせた2階の部屋では、ハンダマなどの島野菜からルッコラなど10種類を育てる。ルッコラは大宜味の水が影響したのか味が濃いという。また同社では水耕栽培だけでなく、堆肥を使った化学肥料不使用の土耕栽培にも取組み、より食味のよい葉野菜の試験栽培も行っている。


同社の渕上社長は「野菜の形を細かくコントロールできるのが利点。水に直接浸さずにスポンジから給水していることで、枯れも少なく味もいい」と話す。飲食店からの受注生産も受け付けており、今後も注文に応じて野菜の種類を増やしていく予定だ。渕上社長は「沖縄では手に入らない野菜の入手に困っている店主さんが多い。諦めているレシピが実現できることで貢献したい」と話した。(参考:琉球新報より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  2. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  3. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  4. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  5. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  6. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  7. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  8. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  9. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  10. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  2. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
  3. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  4. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
ページ上部へ戻る