大阪府立大学の新設工場にフィリップス社による植物育成用LED照明が1万3000本採用

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、大阪府立大学の新植物工場(2014年7月に竣工予定)に、フィリップスの植物育成用LED照明「Philips GreenPower LED Production Module」が1万3,000本採用されたことを発表した以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。

大阪府立大学の新設工場にフィリップス社による日本初の遠赤色LEDチップが搭載された植物育成用LED照明が採用

フィリップスの植物育成用LED「GreenPower LED Production Module」
大阪府立大学の新植物工場に1万3,000本採用決定


株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、大阪府立大学の新植物工場に、フィリップスの植物育成用LED照明「Philips GreenPower LED Production Module(フィリップス グリーンパワーLEDプロダクションモジュール、以下 プロダクションモジュール)」が1万3,000本採用されたことを発表しました。


フィリップスの「プロダクションモジュール」は、日本初*1の遠赤色LEDチップが搭載された植物育成用LED照明です。植物育成に最適な光の波長と遠赤色を採用したLED照明は、消費電力量あたりHf蛍光灯比2倍以上の収量が得られることが確認されています*2。

生育スピードの加速により、最大20%の収量の増加または栽培時間の短縮が実現され*3、生産効率が向上します。また、「プロダクションモジュール」は、従来の蛍光灯と比較して最大55%の消費電力を削減できます*4。


今回フィリップスの「プロダクションモジュール」が採用されたのは、大阪府立大学が建設中の閉鎖型植物工場です。この植物工場の延床面積は約1,300平方メートルで、レタス等の葉物野菜を一日当たり5,000株生産できる見込みです。大阪府立大学は、「プロダクションモジュール」が持つ遠赤色光によって植物の成長が促進されることが確認されたこと、そしてIP66という防塵防水性を評価したことにより採用を決定しました。

この植物工場は2014年7月に竣工し、同年8月から稼働する予定です。

*1 フィリップス社調べ(2013年)。製品の仕様によっては遠赤色LEDチップが搭載されていないものもあります。
*2 秋間和広,宮坂裕司,小西淳,Esther van Echtelt,Na Lu.波長の異なる植物栽培用LED照明を使用した植物工場における葉菜類の栽培.園学研12別1.156.2013
*3,4 シーシーエス株式会社調べ(2012年)

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  2. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  3. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  4. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  5. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  6. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  7. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  8. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  9. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  10. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  2. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
  3. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  4. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
ページ上部へ戻る