大阪府立大学の新設工場にフィリップス社による植物育成用LED照明が1万3000本採用

株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、大阪府立大学の新植物工場(2014年7月に竣工予定)に、フィリップスの植物育成用LED照明「Philips GreenPower LED Production Module」が1万3,000本採用されたことを発表した以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。

大阪府立大学の新設工場にフィリップス社による日本初の遠赤色LEDチップが搭載された植物育成用LED照明が採用

フィリップスの植物育成用LED「GreenPower LED Production Module」
大阪府立大学の新植物工場に1万3,000本採用決定


株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、大阪府立大学の新植物工場に、フィリップスの植物育成用LED照明「Philips GreenPower LED Production Module(フィリップス グリーンパワーLEDプロダクションモジュール、以下 プロダクションモジュール)」が1万3,000本採用されたことを発表しました。


フィリップスの「プロダクションモジュール」は、日本初*1の遠赤色LEDチップが搭載された植物育成用LED照明です。植物育成に最適な光の波長と遠赤色を採用したLED照明は、消費電力量あたりHf蛍光灯比2倍以上の収量が得られることが確認されています*2。

生育スピードの加速により、最大20%の収量の増加または栽培時間の短縮が実現され*3、生産効率が向上します。また、「プロダクションモジュール」は、従来の蛍光灯と比較して最大55%の消費電力を削減できます*4。


今回フィリップスの「プロダクションモジュール」が採用されたのは、大阪府立大学が建設中の閉鎖型植物工場です。この植物工場の延床面積は約1,300平方メートルで、レタス等の葉物野菜を一日当たり5,000株生産できる見込みです。大阪府立大学は、「プロダクションモジュール」が持つ遠赤色光によって植物の成長が促進されることが確認されたこと、そしてIP66という防塵防水性を評価したことにより採用を決定しました。

この植物工場は2014年7月に竣工し、同年8月から稼働する予定です。

*1 フィリップス社調べ(2013年)。製品の仕様によっては遠赤色LEDチップが搭載されていないものもあります。
*2 秋間和広,宮坂裕司,小西淳,Esther van Echtelt,Na Lu.波長の異なる植物栽培用LED照明を使用した植物工場における葉菜類の栽培.園学研12別1.156.2013
*3,4 シーシーエス株式会社調べ(2012年)

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト