パーム油のアブラヤシの搾りかすを利用した環境に優しい次世代燃料「バイオコークス」の生産導入試験をマレーシアにて実施(大阪ガス・近畿大学)

大阪ガスの子会社である大阪ガスエンジニアリング株式会社と近畿大は3月3日、パーム油がとれるアブラヤシの搾りかすを使い、製鉄に使う石炭コークスの代替燃料「バイオコークス」をつくる実証実験を始めると発表した。マレーシアにプラントをつくり、7月にも生産を始める。日本の工場で利用し品質を確かめる。

パーム油のアブラヤシの搾りかすを利用した環境に優しい次世代燃料「バイオコークス」の生産導入試験をマレーシアにて実施(大阪ガス・近畿大学)


マレーシアでは年2千万トンの搾りかすが捨てられており、活用が進めばゴミの削減になる。植物由来の燃料は二酸化炭素(CO2)の排出量がゼロとされるため、環境保護に役立つ。価格は石炭コークスより安くなると見込んでいる。近畿大が主に技術開発を担当し、大阪ガスの子会社、大阪ガスエンジニアリングがプラントを設置する。

〜環境に優しい次世代燃料「バイオコークス」〜
マレーシアで、パーム椰子原料「バイオコークス」の生産導入試験を開始
近畿大学×大阪ガスエンジニアリング株式会社


近畿大学(大阪府東大阪市)と大阪ガスエンジニアリング株式会社(以下OGE 本社:大阪市中央区)は、パーム椰子やし原料「バイオコークス(※1)」の海外における生産実証の導入試験を開始します。 なお、本件は独立行政法人科学技術振興機構(以下JST)の実施する「産学共同実用化開発事業」として採択されております。


この度の試験では、海外で廃棄されている未利用のパーム椰子由来のバイオマスを原料としてバイオコークスを製造します。従来の国内生産にくらべて原料の調達が容易で、原料価格も安いため、大幅な製造原価の削減が期待できます。海外での製造試験は、国内の事業者及び大学としては初の試みとなります。


近畿大学はこれまでの知見を生かし、短時間で効率よくバイオコークスを成形する条件の選定を行います。OGEはLNG(液化天然ガス)プラントや水素製造プラントなどの設計、建設を行う総合エンジニアリング事業に加えて、石炭コークスを使用したコークスベッド式汚泥溶融炉の建設・運転管理も行っており、今回の実証試験ではそこで蓄積したコークスに関する技術、ノウハウを生かし、バイオコークスの実用化に取り組みます。


今回の試験では、OGEは新たに開発されたバイオコークス連続製造装置のパイロットプラントをマレーシアの協力企業に設置し、サンプル製造試験(年間650トン程度)を約2年間行います。現地での導入試験が成功すれば、本格的実用化開発として、引き続き商用プラントを建設し、バイオコークスの量産化及び日本国内の溶解炉等への販売を目指します。


なお、本導入試験は、パームバイオマスの用途拡大、バイオマス燃料による環境改革を推進する事業として、マレーシア投資開発庁からも期待されています。両者は今後も、バイオコークスを始めとした再生可能エネルギーの普及拡大に貢献していきます。