日本農業法人協会と農林中央金庫がパートナーシップを締結。経営支援プロジェクトチームを発足・農林中金によるファイナンス支援など

JAグループの農林中央金庫と、約1800の農業法人でつくる日本農業法人協会2月は28日、包括提携を結んだと発表した。農林中金が職員派遣や資金供給で農業法人の経営を支援するのが柱だ。農業法人は農協を通さずに作物を出荷するケースが目立ち、JAグループと法人協会は長くライバルとみられてきたが、JAグループは、大規模に事業を展開する法人の経営手法を、提携を通じて小規模農家に伝え、効率化や規模拡大につなげたい考えだ。

以下、プレスリリースの一部を掲載しておく

日本農業法人協会と農林中央金庫とのパートナーシップ協定について

公益社団法人日本農業法人協会(会長:藤岡茂憲,以下「法人協会」)と農林中央金庫(代表理事理事長:河野良雄,以下「農林中金」)は,わが国農業・農村の発展と国民生活の向上に寄与することを目的に,包括的なパートナーシップ協定に関する覚書を2月20日に締結しました。


わが国農業は,日本再興戦略に成長産業として位置づけられて以降,6次産業化や輸出促進をはじめとした農産物の付加価値向上の取組み等に対して,一般企業も積極参入する等,新たなビジネスチャンスとして注目を集めております。


「農林水産業・地域の活力創造プラン」においても,こうした需要フロンティアの拡大やバリューチェーンの構築の他,農地集約や法人化等による生産現場の強化を掲げており,法人経営体数を現在の1.2万法人から5万法人に増やすなど,これまでの農業政策を大きく転換させているところです。一方,生産調整の見直し等の新たな農政のもと,農業法人は更なる設備投資や経営効率化,付加価値向上が求められる状況にあります。


先駆的な農業経営を行っている全国約1,800の農業法人会員を有する法人協会は,従前から全国農業会議所,日本政策金融公庫およびJA全中,JA全農と連携して活動してきました。農業・食品関連企業を全国でカバーする農林中金としては,今回こうした機会を捉え,法人協会と連携して,農業法人が抱えるさまざまな経営課題を把握し,解決策を検討,実践することとしました。


具体的には,まず法人協会において新たに「経営支援プロジェクトチーム」を発足させ,農林中金はプロジェクトチームリーダーとして当チームへ職員1名を派遣いたします。このほか,従来から取組みを進めているビジネスマッチングや農畜産物の輸出取組みの支援,或いはファイナンスや資本提供のサポートなどの取組みを一層強化してまいります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  2. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  3. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  4. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  5. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  6. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  7. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  8. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  9. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  10. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  2. 新日鉄住金エンジ、ローソンファーム秋田の植物工場に自社システム建築商品を納入
     新日鉄住金エンジニアリング株式会社の建築・鋼構造事業部のシステム建築商品「スタンパッケージ(R)」…
  3. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  4. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
ページ上部へ戻る