横田ファーム 千葉産イチゴがマレーシアへ試験的な輸出開始

 植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入したバランス重視の「低コスト型施設」を運営する横田ファームのイチゴが、マレーシア市場へ試験的に輸出される。千葉県主催にて実施された千葉県輸出商談会でも、現地スーパーにて多くの人々がイチゴを試食し、好評を得ていた。

千葉市産の「イチゴ」、初のマレーシア輸出が決定!
第一陣は2月28日空輸。15粒入り50パック。先月の現地商談会(県主催)の成果


 千葉県主催で先月、マレーシア・クアラルンプールで開催された、千葉県輸出商談会を終えて、食育ネット株式会社(千葉市中央区)が、株式会社コイケ様のご協力のもと、千葉県千葉市産のイチゴをマレーシアへ輸出することが決定しました。

株式会社コイケ様には、マレーシアに現地法人があり、現地で卸先と直接話ができることや、日本から輸出するイチゴが直接取引されることにより、リスクを軽減できること、成田にある事業所からワンストップで輸出ができることなどの利点があり、今回、千葉市産のイチゴをマレーシアへ輸出することが決まりました。千葉市産のイチゴがマレーシアに輸出されることは、これがはじめてとなります。

 千葉県産農林水産物海外販路拡大の一環で、千葉県が主催する千葉県輸出商談会がマレーシア・クアラルンプールにて1月23日に開催され、現地食品バイヤー、現地旅行業者などが集まり、商談会マッチングセミナーが開催されました。食育ネットでは、生産者が愛情込めて作った農産物の想いを海外の方にも知っていただきたく、千葉県産農林水産物や県産6 次化加工商品などのPRを行いました。

今が旬のイチゴは、とちおとめ、かおりの、紅ほっぺ、アルビオンの4種類の試食を行い、味、形、香り、大きさ、甘さなどを評価され、現地の方のニーズをキャッチ出来ました。そこで、高評価を頂けたことから、株式会社コイケ様と商談が進み、千葉市産のイチゴを初めてマレーシアへ輸出することが正式に決まりました。イチゴの生産者は、横田ファーム様です。
施設見学・解説プログラム『低コスト型・イチゴ栽培施設(太陽光利用型施設)』

今後、株式会社コイケ様と共に、一人でも多くのマレーシアの消費者の皆様へ、千葉県産の安心、安全、新鮮なものを届け、生産者の喜びにも繋がることを目標に、千葉県産のこだわりのある食材を幅広くお届けしていきたいと考えております。

  • 輸出内容は下記の通りです。
  • 輸出品目:イチゴ(とちおとめ)
  • サイズ:3L
  • 産地:千葉県千葉市産(生産者:横田ファーム様)
  • 輸出内容:1パック15粒入り×50パック
  • 今後の流れ:2月27日午前中に(株)コイケ成田事業所へ納品。同日、マレーシアへ空輸
  • 販売先:株式会社コイケ
  • 設立:昭和24年6月
  • 資本金:6000万円
  • 事業内容:食品輸出入、包装資材卸、映像機器卸、電気電子機器・医療用器具部品材料部卸、自動車部品・付属品・内装品卸、輸出梱包、倉庫・保税倉庫、貨物自動車運送、航空・海上運送取扱、不動産賃貸
  • URL:http://www.koike.co.jp/

<イオンマレーシアでの「千葉フェア」開催と今夏の「千葉の梨」の試験販売を実現>
 2014年1月末、マレーシア第二位の流通グループであるイオンマレーシアのミッドバレー店等において開催されていた「千葉フェア」では、千葉県産のさつまいもや落花生、イチゴを直接、お客様に提供し、大変好評をいただきました。また、森田健作千葉県知事はイオンマレーシア社長と会談し、今年の夏に『千葉の梨』を試験販売することについて同意を得るなど、大きな成果を得ることができました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  2. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  3. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  4. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  5. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  6. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  7. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  8. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  9. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  10. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  2. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  3. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
  4. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
ページ上部へ戻る