経営不振が続くフルーツ・フラワーパークを都市型農業の研究拠点に再整備。市やJA、各企業などが実証栽培や人材育成にも取り組む

神戸市は2014年度、北区の市立フルーツ・フラワーパークを都市型農業の研究拠点に再整備する。最新鋭の野菜工場の整備や農業経営者の育成、新品種の試験栽培に取り組む。同パークは経営不振が続いており、事業の狙いを定めて再生を図る。野菜工場では既存の温室を活用し、薬草やバラを栽培する予定NECなどが情報通信技術(ICT)を活用して、照度や温度、湿度などを自動制御し最適な生育環境を探る。

経営不振が続くフルーツ・フラワーパークを都市型農業の研究拠点に再整備。市やJA、各企業などが実証栽培や人材育成にも取り組む

新品種の試験栽培では、市の外郭団体、神戸みのりの公社(同市西区)などがチューリップなどを候補に挙げている。腎疾患の患者でも食べられる低カリウムのレタスや、イチゴの通年栽培など特色ある農作物の育成にも取り組む。また、JA兵庫六甲(神戸市北区)はイチゴやトマトの温室栽培農家を育成。同パーク内に新たに建てる大型温室で、指導や実証試験を行う。


同パークは1993年、農業振興と集客を目的に果樹園や温室のほか、ホテルやプールなどを建て開園した。しかし不振が続き、今年1月にホテル棟を旅行業者に売却した。ホテル運営の外郭団体「株式会社神戸ワイン」(同)も14年度上半期中に清算する。今後は、市を主体に再生を図るため、当初予算案に関連費用6億7千万円を盛り込んだ。神戸市内には西区に同公社が運営する市立農業公園があり、神戸ワインの醸造や原料ブドウの栽培に特化し経営改善を図っている。(参考:神戸新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  2. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  3. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  4. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  5. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  6. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  7. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  8. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  9. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  10. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  2. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  3. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  4. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
ページ上部へ戻る