経営不振が続くフルーツ・フラワーパークを都市型農業の研究拠点に再整備。市やJA、各企業などが実証栽培や人材育成にも取り組む

神戸市は2014年度、北区の市立フルーツ・フラワーパークを都市型農業の研究拠点に再整備する。最新鋭の野菜工場の整備や農業経営者の育成、新品種の試験栽培に取り組む。同パークは経営不振が続いており、事業の狙いを定めて再生を図る。野菜工場では既存の温室を活用し、薬草やバラを栽培する予定NECなどが情報通信技術(ICT)を活用して、照度や温度、湿度などを自動制御し最適な生育環境を探る。

経営不振が続くフルーツ・フラワーパークを都市型農業の研究拠点に再整備。市やJA、各企業などが実証栽培や人材育成にも取り組む

新品種の試験栽培では、市の外郭団体、神戸みのりの公社(同市西区)などがチューリップなどを候補に挙げている。腎疾患の患者でも食べられる低カリウムのレタスや、イチゴの通年栽培など特色ある農作物の育成にも取り組む。また、JA兵庫六甲(神戸市北区)はイチゴやトマトの温室栽培農家を育成。同パーク内に新たに建てる大型温室で、指導や実証試験を行う。


同パークは1993年、農業振興と集客を目的に果樹園や温室のほか、ホテルやプールなどを建て開園した。しかし不振が続き、今年1月にホテル棟を旅行業者に売却した。ホテル運営の外郭団体「株式会社神戸ワイン」(同)も14年度上半期中に清算する。今後は、市を主体に再生を図るため、当初予算案に関連費用6億7千万円を盛り込んだ。神戸市内には西区に同公社が運営する市立農業公園があり、神戸ワインの醸造や原料ブドウの栽培に特化し経営改善を図っている。(参考:神戸新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  2. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  3. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  4. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  5. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  6. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  7. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  8. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  9. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  10. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  2. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
  3. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  4. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
ページ上部へ戻る