経営不振が続くフルーツ・フラワーパークを都市型農業の研究拠点に再整備。市やJA、各企業などが実証栽培や人材育成にも取り組む

神戸市は2014年度、北区の市立フルーツ・フラワーパークを都市型農業の研究拠点に再整備する。最新鋭の野菜工場の整備や農業経営者の育成、新品種の試験栽培に取り組む。同パークは経営不振が続いており、事業の狙いを定めて再生を図る。野菜工場では既存の温室を活用し、薬草やバラを栽培する予定NECなどが情報通信技術(ICT)を活用して、照度や温度、湿度などを自動制御し最適な生育環境を探る。

経営不振が続くフルーツ・フラワーパークを都市型農業の研究拠点に再整備。市やJA、各企業などが実証栽培や人材育成にも取り組む

新品種の試験栽培では、市の外郭団体、神戸みのりの公社(同市西区)などがチューリップなどを候補に挙げている。腎疾患の患者でも食べられる低カリウムのレタスや、イチゴの通年栽培など特色ある農作物の育成にも取り組む。また、JA兵庫六甲(神戸市北区)はイチゴやトマトの温室栽培農家を育成。同パーク内に新たに建てる大型温室で、指導や実証試験を行う。


同パークは1993年、農業振興と集客を目的に果樹園や温室のほか、ホテルやプールなどを建て開園した。しかし不振が続き、今年1月にホテル棟を旅行業者に売却した。ホテル運営の外郭団体「株式会社神戸ワイン」(同)も14年度上半期中に清算する。今後は、市を主体に再生を図るため、当初予算案に関連費用6億7千万円を盛り込んだ。神戸市内には西区に同公社が運営する市立農業公園があり、神戸ワインの醸造や原料ブドウの栽培に特化し経営改善を図っている。(参考:神戸新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  2. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  3. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  4. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  5. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  6. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  7. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  8. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  9. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  10. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
  2. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  3. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  4. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
ページ上部へ戻る