『2014年版九州経済白書』アグリプレナーが拓く農業新時代を発行(IT、六次化、販売ルートなど多岐に渡る分析を実施)

民間シンクタンク、九州経済調査協会は、農業に着目した平成26年版九州経済白書を発表した。山口・沖縄両県を含む九州地域の平成23年の農業産出額は、1兆7700億円で全国の21%を占める。白書では、農業は九州経済の主要産業であり、高い潜在力を有すると評価した。特に、全国シェア約5割の肉用牛や鶏肉をはじめ、トマトやイチゴ、乾シイタケなどトップシェアの産品は、大きな可能性を秘めると強調した。


白書からは、九州では法人が新たな担い手となっている現状が明白になった。平成25年現在、九州7県の農業生産法人は2345社にのぼり、13年と比較すると2.4倍に増えた。特に鹿児島県(662社)、熊本県(416社)、宮崎県(360社)と南九州で農業生産法人設立が盛んになっている。また、農地を賃借し、農業に参入した企業も148社で、平成22年の7.8倍に膨らんでいる。


こうした法人は、収益性の高い野菜に注目していることが、九州の特徴だという。野菜を取り扱う農業生産法人の比率は全体の28%で、全国平均(21%)を上回る。サラダなどに使うベビーリーフを生産するベンチャー企業の果実堂(熊本県益城町)は、ICT(情報通信技術)を生産や出荷管理に活用する。責任者が収穫量の予測値などを毎日データベース化して収穫カレンダーを作成し、出荷や営業活動と連動させる。こうした取り組みが奏功し、百貨店や大手スーパーを中心に、約150社へ直販している。


このほか、農家や法人の規模拡大や経営安定化に寄与するものとして、生産から加工までを担う6次産業化を挙げた。通常の販売ルートだと廃棄するしかなかった規格外品を活用することで、収益性向上につながるだけでなく、旬以外の季節でも周年販売が可能になり、メリットが大きいからだ。ただ、6次産業化の課題としては、工場設備の初期投資や既存食品加工メーカーとの競争があり、小規模経営者には適さないと指摘した


また、九州経済白書では「農業事業者の収益拡大には事業の多角化も課題」と指摘する。
具体的な多角化の内容(複数回答)を聞くと、冷凍品などにする「軽加工」は、営業損益ベースで黒字事業者の24.1%が手掛けており、赤字事業者(15.9%)を上回る。一方、ジャムなど作業がやや複雑な加工品の製造では赤字事業者の56.8%が手掛け、黒字事業者(44.8%)より多い。九経調は「複雑な加工品は工場などの初期投資がかかるうえ、食品メーカーとの競争も激しく、赤字になりやすい」と分析している。


軽加工や加工品製造では、メーカーなどからプライベートブランド(PB=自主企画)の製造を受注するという選択肢もある。PBは納入価格が安くなりがちだが、一定量の販売を確保できる。このためPBを手掛ける黒字事業者は37.6%と、赤字事業者(26.9%)を上回る。夢かのや(鹿児島県鹿屋市)は野菜を加工してサラダパックとして商品化し、大手小売業などにPBとして納入する。黒字事業者のうち15.5%がレストランを、5.2%が観光農園を手掛けている。野菜を栽培するラピュタファーム(福岡県川崎町)は観光果樹園なども経営し、多角化している、という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  2. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  3. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  4. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  5. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  6. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  7. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  8. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  9. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  10. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. NATUFIAのキッチンガーデン。デザイン家電としての植物工場プラントを開発
     エストニアに本社を置くNATUFIA Labは、今年の1月にラスベガスで行われたCES(Consu…
  2. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  3. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  4. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
ページ上部へ戻る