高濃度ポリフェノール含有の美味しいお茶 「粋彩紫茶(TM)」を世界に先駆け新発売(アッキャン)

健康食品、化粧品販売のアッキャン(株)は、2014年2月7日、ポリフェノール類などの機能性成分を豊富に含んだ新品種のプレミアムティー、「粋彩紫茶(TM)」を新発売した。本品の市販化は世界初である。
「粋彩紫茶(TM)」はお茶にレモンを加えると、天然成分アントシアニンの反応であざやかな紫色へと変化を見せる。以下、プレスリリースを掲載しておく。

アッキャン(株)、高濃度ポリフェノール含有の美味しいお茶
「粋彩紫茶™」を世界に先駆け新発売

〜色、紫にして、風味立つ。 心豊かなティータイムを演出〜

健康食品、化粧品販売のアッキャン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:岩本弘、以下アッキャン)は、本日、ポリフェノール類他の機能性成分を豊富に含むプレミアムティー、「粋彩紫茶™(すいさい むらさきちゃ)」を世界に先駆けて新発売したことをお知らせします。※注1

本品はティーバッグ個包装の詰め合わせで、1)天然茶葉100%の「NATURAL」、2)クエン酸を配合した「CITRIC ACID」の計二種類をラインナップ。販売は、主にアッキャン・カスタマーセンター「0120−777−435」による電話受注にて行います。(ご注文に関する詳細は当社ホームページ、http://accan.co.jp/をご覧ください。)


「粋彩紫茶™」とは

「粋彩紫茶™」は、ケニア農業省が管轄する「ケニア茶業研究財団」が25年の歳月と栽培技術の粋を集めて生み出した新品種で、加工段階で発酵をさせない不発酵茶(緑茶)に分類されるお茶です。 世界第三位の年産40万トンを誇る、お茶大国ケニアにあっても、本品の年間生産量は30トンとごく少量。現地での商業栽培が始まってから3年足らずと日も浅いため、市場におけるその希少性は特筆的と言えます。また、一般的なお茶(緑茶、烏龍茶、紅茶等)には見られない植物由来の機能性成分、アントシアニンを含むことから、レモンを加えると風味が立ち、あざやかな薄紫色へと変化するなど、際立った特性を有します。

20140216 アッキャン

※注1:食品、化粧品用途の高機能性素材としてではなく、家庭向けの飲料、天然茶葉としての市販化は「世界初」です。


「粋彩紫茶™」は、ポリフェノール類等の機能性成分を豊富に含むだけでなく、さわやかな風味、彩り豊かな水色ともあいまって、従来の健康茶に飽き足らない人たちに、手軽な健康習慣をスタートさせるきっかけを提供するものと期待されます。アッキャンは、機能性と嗜好性を高次元で両立した本品の販売を通じ、健康茶の摂取をストイックにとらえるのではなく、心豊かなティータイム、満ち足りた時間を楽しむことのできるライフスタイルの普及に向けて注力してまいります。


「粋彩紫茶™」の特長

1.安心の無農薬栽培
お茶大国ケニアの赤道直下、主として標高2,000m以上の高地にて無農薬栽培
2.際立つプレミアム感
高級銘茶の代名詞とされる、希少な新芽と若葉からなる「一芯ニ葉」による丁寧な手摘み
3.ポリフェノール類を多量に含有
紫外線照射の強い赤道直下で栽培されるため、緑茶、ウーロン茶、紅茶等の一般的なお茶と比べ1.5〜2.2倍のポリフェノール類を含有※注2
4.特有の機能性成分を含有
ポリフェノール「GHG」やアントシアニン等、他のお茶には見られない機能性成分を含有
(「粋彩紫茶™」特有のポリフェノール「GHG」は、活性酸素を効率的に取り除くとされる「水酸基」を多数持つことから、高い抗酸化活性を示すとともに、カテキン等で知られる脂肪燃焼作用を有すことも示唆されています※注3)


品質確保への取り組み

1.原料段階からの一貫した品質管理
原料茶葉販売者による、現地栽培、加工過程における一貫した品質管理。166項目を超える残留農薬試験をはじめとする、各種の安全性検査の徹底
2.信頼のGMP認定工場で全量を製造
「日本健康・栄養食品協会」認定のGMP認証を取得した、創美健研究所株式会社(GMP認証番号:213−B01−01)にて全量を製造※注4
3.お客様の疑問を解消する安心のカスタマーセンター常設

※注2原料茶葉販売者:オリザ油化株式会社調べ
※注3同上
※注4製造者:創美健研究所株式会社


「粋彩紫茶™」商品概要

1.天然茶葉「NATURAL」
ティーバッグ60包装入り/約30日分/価格¥7,980−
名称 お茶(ティーバッグ)
原材料名 茶葉(原産国:ケニア)
成分含有量 紫茶ポリフェノール、カテキン類(EGCG、ECG)、特有ポリフェノールGHG、 カフェイン、テオブロミン、アントシアニン、クロロゲン酸
内容量 90g (1.5g x 60包み)
保存方法 品質保持のため、直射日光、高温多湿を避けて保存してください
製造者 創美健研究所株式会社 静岡県掛川市大渕 4015−1
販売者 アッキャン株式会社 東京都中央区日本橋茅場町 1−4−6

2.クエン酸配合「CITRIC ACID」
ティーバッグ60包装入り/約30日分/価格¥8,980−
名称 お茶(ティーバッグ)
原材料名 茶葉(原産国:ケニア)、デキストリン、クエン酸
成分含有量 紫茶ポリフェノール、カテキン類(EGCG、ECG)、特有ポリフェノールGHG、 カフェイン、テオブロミン、アントシアニン、クロロゲン酸
内容量 90g (1.5g x 60包)
保存方法 品質保持のため、直射日光、高温多湿を避けて保存してください
製造者 創美健研究所株式会社 静岡県掛川市大渕 4015−1
販売者 アッキャン株式会社 東京都中央区日本橋茅場町 1−4−6

以上


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  2. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  3. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  4. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  5. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  6. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  7. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  8. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  9. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  10. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  2. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  3. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  4. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
ページ上部へ戻る