北海道庁が2014年度予算案を発表、農産物の高付加価値化や低コスト化に向け施設整備・植物工場の普及や薬用作物の栽培促進などを目指す

北海道庁では13日、一般会計で2兆7190億円の2014年度予算案を発表した。政策的な経費となる一般施策事業費は4755億円で、食と観光の産業振興に重点配分。TPPの影響も念頭に、農林水産業の競争力強化を目指す。高橋知事は同日の記者会見で「経済では食と観光を重点とした政策を展開する。アジアのパワーも取り込むほか、環境分野での取り組みを深める」と狙いを話した。


道内の食産業を支える農林水産業では、国の予算を活用し、農産物の高付加価値化や低コスト化に向け施設整備などを支援する「強い農業づくり事業費」に前年度比66%増の149億円を計上した。農地の集積・集約を図るため農地情報公開システムの整備事業費に4億800万円を盛り込んだ。


また、植物工場の普及や薬用作物の栽培促進に計600万円を投じ、新たな農業の可能性を模索する。道産農畜産物の輸出促進支援には100万円を投じ、輸出の支援体制を築く。その他、昨年始めた北海道独自の機能性表示制度の強化に向け、食品の有用性を科学的に評価する「ヒト介入試験システム」に同44%増となる1600万円を投じる。極東ロシアへの生鮮品の販路拡大に向けた調査・検討事業(1800万円)なども大幅に増額した。


道庁は本州企業の本社機能の移転や植物工場を立地する取り組み強化を目指し、産業振興条例を一部改正、新たに助成対象として盛り込む。廃熱利用や新エネ・省エネ設備を導入した植物工場の立地の助成も条文に盛り込むみ、道庁は2月の道議会に一部改正案を提出予定。パブリックコメントなどを経た上で、4月から実施したい考えである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  2. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  3. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  4. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  5. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  6. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  7. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  8. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  9. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  10. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  2. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  3. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  4. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
ページ上部へ戻る