水耕栽培に特化した専門学校が三重県四日市市で開校。実際の温室ハウスを利用・障害者の企業への就労につなげる

三重県では今年4月に、障害者が水耕栽培を学ぶ専門学校「中部水耕栽培福祉専門学校」が四日市市で開校する。水耕栽培では、他の農作業ほど重労働ではない点が向いているという。知的障害者など障害者が水耕栽培を通じて考える力や協調性を身につけ、企業への就労につなげる。

運営主体の古川学園(四日市市)は実務訓練やボランティア活動を通じて社会に適応できない高校卒業生らを自立させる専門学校を持ち、そうしたノウハウを新設校に生かす。


水耕栽培は比較的単純な軽作業なので、通常の農業などと違い障害者に向いている」ことに着目。水耕栽培を手掛け、障害者を多く受け入れている農業生産法人「夢活菜」(伊賀市)が全面協力し、同法人のビニールハウス4棟を実習用に確保した


カリキュラムや教材は夢活菜の顧問で水耕栽培に詳しい小田雅行・大阪府立大学名誉教授が作成。同法人のスタッフが先生を務める。1年間のコースの後半は合宿しながら実習し、育苗や定植などの農作業や販売を行う。育てた水菜や小松菜などの葉物野菜は同法人が大阪などに展開する直売所で販売する


夢活菜では6年ほど前から障害者を受け入れ、現在は12人が働くなど障害者が「主戦力」。働き始めて2カ月という男性(23)は、「温度管理などは難しいが、生き物と触れ合う作業は楽しい」と満足げに話す。新たに開設する専門学校コースの定員は40人で、3月末まで志願者を受け付けている。(参考:日本経済新聞など)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  2. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  3. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  4. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  5. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  6. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  7. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  8. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  9. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  10. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  2. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  3. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
  4. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
ページ上部へ戻る