七十七銀行・大和証券グループ等の復興支援ファンドが、植物工場開発ベンチャー「みらい」に2億円を出資

七十七銀行は2月5日、同行や大和証券グループなどが出資する「東日本大震災中小企業復興支援ファンド」が、宮城県多賀城市内などに拠点を持つ植物工場ベンチャー「みらい」に2億円を出資したと発表した。同社発行の優先株を引き受ける。「みらい」は2012年秋、新産業を創出する「みやぎ復興パーク」(多賀城市)で植物工場を操業させた。
今年5月には、パーク内にLED照明を活用した新工場を稼働させる計画。以下、プレスリリース(PDFファイル)の一部を掲載しておく。

東日本大震災中小企業復興支援ファンド」における投資実行について(株式会社みらい)

株式会社七十七銀行(頭取 氏家 照彦)が出資する「東日本大震災中小企業復興支援ファンド」(運営者 大和企業投資株式会社、社長 上田 照章)は、平成26年2月5日、株式会社みらい(本社 東京都千代田区、社長 嶋村 茂治)に対して種類株式(優先株式)により2億円の投資を実行しましたので、お知らせします。


本ファンドは、東日本大震災の被災地域で事業展開する未上場中小企業等に資本性資金を供給し、投資先企業の復興や新事業展開を支援することを目的に平成24年1月に設立されたものです。当行では、本ファンド等を活用し、地域企業の復興にかかる資金調達ニーズや財務基盤増強ニーズに積極的に対応してまいります。


1.株式会社みらいは、平成16年9月に設立されたベンチャー企業で、植物工場・水耕栽培装置の研究開発・製造販売のほか、農業法人としてレタスなどの水耕野菜の生産・販売を行っています。


2.当社は、温度・CO2・照明などの自動制御を通じ、農薬不使用の安全かつ高品質な野菜を安定的に生産することができる植物工場設備を販売しております。既に全国各地で導入されておりますが、これまで野菜の生産が困難であった厳しい環境の地域でも生産できることから、南極昭和基地やモンゴルなどでも導入されております。


3.当社は、東日本大震災からの復興支援にも力を入れており、平成25年4月、宮城県多賀城市の「みやぎ復興パーク」(注)内に当社自営の植物工場(日産5百株)を稼動し、そこで生産した野菜を地元スーパー等に販売しています。また、現在、同所にて、平成26年5月の稼動を目指し、世界最大規模となる完全LED型植物工場(日産1万株)の建設を進めています。

当社の先進的な事業モデルは、地域の復興を牽引する新しい産業として注目を集めるとともに、地元での雇用や地元小売店への販売など地域経済の活性化につながるものとして期待されています。


4.当社は、事業が順調に成長を続けるなか、事業資金の調達と財務基盤の強化を目的に、本ファンドを引受先とする種類株式(優先株式)を発行することとしたものです


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  2. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  3. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  4. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  5. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  6. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  7. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  8. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  9. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  10. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  2. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  3. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
  4. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
ページ上部へ戻る