七十七銀行・大和証券グループ等の復興支援ファンドが、植物工場開発ベンチャー「みらい」に2億円を出資

七十七銀行は2月5日、同行や大和証券グループなどが出資する「東日本大震災中小企業復興支援ファンド」が、宮城県多賀城市内などに拠点を持つ植物工場ベンチャー「みらい」に2億円を出資したと発表した。同社発行の優先株を引き受ける。「みらい」は2012年秋、新産業を創出する「みやぎ復興パーク」(多賀城市)で植物工場を操業させた。
今年5月には、パーク内にLED照明を活用した新工場を稼働させる計画。以下、プレスリリース(PDFファイル)の一部を掲載しておく。

東日本大震災中小企業復興支援ファンド」における投資実行について(株式会社みらい)

株式会社七十七銀行(頭取 氏家 照彦)が出資する「東日本大震災中小企業復興支援ファンド」(運営者 大和企業投資株式会社、社長 上田 照章)は、平成26年2月5日、株式会社みらい(本社 東京都千代田区、社長 嶋村 茂治)に対して種類株式(優先株式)により2億円の投資を実行しましたので、お知らせします。


本ファンドは、東日本大震災の被災地域で事業展開する未上場中小企業等に資本性資金を供給し、投資先企業の復興や新事業展開を支援することを目的に平成24年1月に設立されたものです。当行では、本ファンド等を活用し、地域企業の復興にかかる資金調達ニーズや財務基盤増強ニーズに積極的に対応してまいります。


1.株式会社みらいは、平成16年9月に設立されたベンチャー企業で、植物工場・水耕栽培装置の研究開発・製造販売のほか、農業法人としてレタスなどの水耕野菜の生産・販売を行っています。


2.当社は、温度・CO2・照明などの自動制御を通じ、農薬不使用の安全かつ高品質な野菜を安定的に生産することができる植物工場設備を販売しております。既に全国各地で導入されておりますが、これまで野菜の生産が困難であった厳しい環境の地域でも生産できることから、南極昭和基地やモンゴルなどでも導入されております。


3.当社は、東日本大震災からの復興支援にも力を入れており、平成25年4月、宮城県多賀城市の「みやぎ復興パーク」(注)内に当社自営の植物工場(日産5百株)を稼動し、そこで生産した野菜を地元スーパー等に販売しています。また、現在、同所にて、平成26年5月の稼動を目指し、世界最大規模となる完全LED型植物工場(日産1万株)の建設を進めています。

当社の先進的な事業モデルは、地域の復興を牽引する新しい産業として注目を集めるとともに、地元での雇用や地元小売店への販売など地域経済の活性化につながるものとして期待されています。


4.当社は、事業が順調に成長を続けるなか、事業資金の調達と財務基盤の強化を目的に、本ファンドを引受先とする種類株式(優先株式)を発行することとしたものです


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  2. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  3. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  4. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  5. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  6. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  7. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  8. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  9. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  10. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  2. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  3. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  4. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
ページ上部へ戻る