ぐるなび、植物工場野菜の普及のために飲食店関係者などを集めた試食会を実施

ぐるなび(植物工場サイト)は、植物工場の開発企業であるエスペックミックの商品・技術を利用して、会員店舗への普及を進めているが、飲食店関係者などを集めた試食会の感想が掲載されていたので、簡単に情報整理してみた。
 
ぐるなび、植物工場野菜の普及のために飲食店関係者などを集めた試食会を実施
 

  • 植物工場野菜のオリジナルメニューを5品提案
    植物工場(水耕栽培)野菜は、柔らかく、くせがないのが特徴。生でも食べやすく、オリジナルメニューでも、クレソンの塩ダレサラダ、コリアンダーやミントを生で添えられる利用方法もあり。今までは熱を通さないと食べにくい野菜なども生で食せるのは、植物工場野菜のメリットの一つであろう。
     
  • 「植物工場」というネーミングに肯定的な人が多数派
    植物工場という名前に強い拒否感を抱く人は少ないようである。【健康野菜工場、グリーン・プランツ、グリーン・ファクトリー、リーフファーム】といったネーミングも提案されている。
     
  • 食べてみたいメニュー/家庭での利用方法
    まだまだ目新しさから「購入して食べてみたい」という消費者が多いものの、価格が一番のネックのようだ。百貨店・レストランでの販売機会が多い首都圏と地方では、植物工場野菜を食べる機会が異なるかもしれないが、例えば岡山での調査では「植物工場野菜を食べたことがない人」が71%と大半であった詳細情報)。まだ食べたことのない消費者が多いことは間違いない。

    からし水菜やクレソン等、普段は食べる機会がないものを生で食べたり、野菜ジュース/スティックサラダのような調理法・メニューで食べたい、という意見が多い。

    この他にも、無菌・栄養価の高い野菜であることから、幼児の離乳食や水で洗う必要がないので、手軽に肉に巻いて使うといった利用シーンが考えられる。例えばフェアリーエンジェルでは夏のバーベキューシーズンへの提案にも力を入れている。水で洗う必要がなく、食中毒予防にも貢献できるからだ。

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  2. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  3. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  4. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  5. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  6. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  7. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  8. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  9. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  10. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  2. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  3. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  4. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
ページ上部へ戻る