スプラウト大手の村上農園が緑黄色野菜「豆苗」に関する専用サイトをオープン。コーポレートサイトも同時に全面リニューアル

株式会社村上農園は2014年1月31日、近年人気の高まる緑黄色野菜「豆苗(とうみょう)」に特化したブランドサイトをオープンするとともに、コーポレートサイトも全面リニューアルを実施した。村上農園は「ブロッコリー スーパースプラウト」など、一般の野菜より栄養成分を高めた「機能性野菜」や、えんどう豆の若菜「豆苗」などの発芽野菜を、全国8カ所の植物工場で生産している。
以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。


村上農園が人気野菜「豆苗(とうみょう)」のブランドサイトをオープン!

当社の「機能性野菜」については、野菜の機能性表示を緩和する農業政策や人々の健康志向の高まりを反映して問い合わせが急増。一方「豆苗」は、おいしさや栄養価の高さ、調理の手軽さに加えて再収穫ができるエコ野菜としての認知が浸透し、この5年間で出荷量が5倍以上に増加しています


こうした動きを背景に、お客さまが求める情報にアクセスしやすい利便性と、カロリー・塩分表示を備えた検索性の高いレシピなどのコンテンツの大幅な拡充を実現した2つのウェブサイトを公開しました。PCサイトを先行公開し、今年2月末にはそれぞれのスマートフォン対応サイトをオープンする予定です。

豆苗ブランドサイト、コーポレートサイトの特長は次の通りです。


■ 豆苗ブランドサイト
豆苗ブランドサイト『豆苗研究会』(http://murakamifarm.com/myouken/)
名称 『豆苗研究会』

特長
豆苗研究会は、豆苗を徹底検証し、その魅力を広く発信しようと若手社員が中心となって始めた社内プロジェクトの名称。2012年には検証活動をまとめた豆苗のレシピ本も出版しました。ブランドサイト『豆苗研究会』は、豆苗の栄養、目的別に探せる約100種の豆苗レシピ、調理方法のヒントや再収穫のコツなど、豆苗尽くしの内容です。実際の研究会員の社員がモデルとして登場しています。

スプラウト大手の村上農園が緑黄色野菜「豆苗」に関する専用サイトをオープン。コーポレートサイトも同時に全面リニューアル

■ コーポレートサイト
村上農園コーポレートサイト(http://murakamifarm.com)

特徴
●シンプルな構造と、画像中心の直観的なインターフェイスで目的の情報を見つけやすく工夫。

●レシピを大幅拡充。商品別・料理の種類別にレシピを検索でき、さらに調理時間、カロリーや塩分量、人気などの順にレシピを並べ替えることが可能。

●食の安全が問われる中、お客さまの関心の高い「安心・安全」に関する情報と、「お客さま相談室」のFAQ情報の更新性を向上。

●ソーシャルメディアで気軽に知人にシェアできる機能付き。


<会社概要>
設立 1978年1月10日
代表者 村上清貴
売上高 43億3,600万円(2013年12月期)
事業内容 豆苗、かいわれ、スプラウトなど発芽野菜と機能性野菜の生産・販売
事業所 本社・研究開発部(広島)
生産センター(千葉、神奈川、静岡、山梨、三重、広島、福岡)
営業所(千葉、大阪、広島)
広報マーケティング室(東京)
関連会社 株式会社 沖縄村上農園(沖縄県大宜味村)
WEBサイト: http://murakamifarm.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  2. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  3. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  4. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  5. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  6. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  7. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  8. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  9. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  10. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  2. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  3. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
  4. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
ページ上部へ戻る