北海道三笠市にイオン最大の直営農場「北海道三笠農場」オープン。露地栽培だけでなく、トマトなどの施設栽培にも取り組む予定

都市近郊型農業や効率性の高い大規模農業のビジネスモデル確立をめざすイオンアグリ創造株式会社(以下、イオンアグリ創造)は4月1日、北海道初のイオン直営農場「北海道三笠農場(北海道三笠市)」をオープンする。同農場は、イオンアグリ創造の直営農場として14カ所目となる以下、同社のプレスリリースを掲載しておく。


イオンアグリ創造はこれに先駆けて1月21日、三笠市と「地域農業活性化に関する協定書」と「企業立地に関する協定書」を締結する。当協定の締結を契機に、地域の方々の雇用促進の他、たい肥や農薬など地元資材の利用を促進するなど、三笠市の農業活性化に向け連携して取り組む計画


来春オープンする「北海道三笠農場」は農地面積30ヘクタールを有し、イオン直営農場の中でも最大規模の農場です。1区画あたりの畑の面積が広く、大規模農業により高い収穫量や作業効率が見込める土地です。本年4月下旬よりトマトやきゅうり、メロンなどの施設栽培を、また6月よりキャベツや白菜の露地栽培を開始する予定です。


当農場で生産した野菜は、北海道エリアの総合スーパー「イオン」や食品スーパー「マックスバリュ」、「イオンスーパーセンター」など57店舗で、イオンのブランド「トップバリュ」の青果やカット野菜として販売します。


イオンアグリ創造は、「北海道三笠農場」開場を契機に、これまで以上に「安全・安心」かつ新鮮なおいしい農産物をお客さまにご提供するとともに、地域に密着した経営を推進してまいります。


【北海道三笠農場での取り組みについて】
・農場名称:イオンアグリ創造株式会社 北海道三笠農場
・所在地:北海道三笠市唐松青山地区、東清住地区、清住地区
・農地面積:30.0ヘクタール
・品目:露地栽培/キャベツ、白菜、とうもろこし
 ハウス栽培/メロン、きゅうり、トマト
・今後の計画:2014年4月下旬〜作付、5月下旬収穫後、販売開始予定
・販売店舗:イオングループ各社が運営する北海道エリアの総合スーパー、食品スーパー、スーパーセンターなど計57店舗


◆ご参考
【イオンアグリ創造株式会社について】

・商号:イオンアグリ創造株式会社
・代表者:代表取締役 福永 庸明
・本社所在地:千葉県千葉市美浜区中瀬1-4
・設立日:2009年7月10日
・主な事業内容:青果物の生産、加工、卸売、小売
・決算期:2月末日
・資本金:5,000万円
・株主:イオン株式会社100%


2009年7月に設立したイオンアグリ創造株式会社は、イオン直営農場の運営および 農産物の生産委託に取り組むイオンのグループ会社です。地域密着経営というイオンの 基本理念のもと、お客さまにご満足いただける農産物を生産し提供することや、持続可能な未来の農業に参画することを目指し、2009年9月に第1号農場を茨城県牛久市にオープンしました。キャベツ、白菜、小松菜等、プライベートブランド農産物の生産、イオングループへの供給を行っています。


イオン直営農場は、このたびオープンする「北海道三笠農場」を加え、東北エリアの 岩手県、関東エリアの茨城県、千葉県、栃木県、埼玉県で計6カ所のほか、甲信越エリアの山梨県2カ所、北陸エリアの石川県、近畿エリアの兵庫県、中国エリアの島根県、九州の大分県で、合計14カ所となります。


【北海道におけるイオンの取り組みについて】
イオンは2011年7月25日、北海道と包括提携協定を締結しました。この提携により、同地域の一層の活性化および道民サービスの向上に向け双方で協力し、さまざまな取り組みを行っています。同年7月28日には、北海道各地にある宝物を次の世代に引き継いでいくことを目的に「ほっかいどう遺産WAON」を発行しました。

さらに、親子で楽しみながら学ぶ食の安全安心教室の共同開催や、北海道各地から取り寄せた旬の食材を販売する「道産デー」を実施するなど、地元の食材にこだわって、地産地消の推進に取り組んでいます。


【三笠市におけるイオンの取り組みについて】
イオンでは2008年より、イオンスーパーセンター三笠店のレジ袋無料廃止に伴う収益金を寄付させていただいております。2013年6月には金額91,878円を三笠市の環境保全を目的として贈呈しました。

また、毎月11日の「イオン・デー」には黄色いレシートをお客さまに配布し、応援したい地域のボランティア団体のBOXにレシート投函していただいています。1年に一度、そのレシートの合計金額の1%相当を団体の必要な品物に替えて贈呈し、その活動に役立てています。2013年度はイオンスーパーセンター三笠店では9団体にご参加いただいています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  2. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  3. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  4. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  5. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  6. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  7. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  8. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  9. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  10. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  2. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  3. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  4. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
ページ上部へ戻る