水耕栽培事業の第二期計画として障害者を主体とした低カリウム野菜の生産をスタート(山形包徳)

完全人工光型植物工場にてサンチュやベビーリーフなど、葉野菜を中心に生産・販売を行っていた株式会社山形包徳では、水耕栽培事業の第二期計画として、障がいを持つ方々の社会的経済的自立支援を目的とした特殊水耕栽培事業による新たなビジネスモデルの創造を目指すため、障がい者主体の低カリウム野菜の栽培事業を開始する

水耕栽培事業の第二期計画として障害者を主体とした低カリウム野菜の生産をスタート(山形包徳)

低カリウム野菜は、一部の患者にはカリウムの摂取制限をもつ腎臓病透析患者向けとして注目されている商品。同社では、地域に暮す障がい者雇用を通じた地域社会の共生を目指し、平成25年度厚生労働省「中小企業障害者多数雇用設置施設等助成制度」を全国では初めて認定を受けた。
障がい者主体の低カリウム野菜の大規模栽培をいち早く確立させるため、平成26年1月より山形市内清住町へ新工場を開設し、事業を次のとおりスタートする

実施主体:株式会社山形包徳(山形市城西町4-3-23-201)
代表者:代表取締役 本部 良宏
事業責任者:常務取締役 菅井 薫
事業内容:完全閉鎖人工光型水耕栽培による成分調整の低カリウム野菜栽培
事業規模:多段式(5段)プラント6基
主力栽培:レタス系葉物野菜
収穫量:1日当り200株(16kg)
軽減割合:土耕レタス100g当りカリウム含有率490mgを75mg(85%)までカット
検査機関:山形県理化学研究所、群馬県産業技術センター
従事者:職業指導員2名 生活相談員1名 新規雇用障がい者10名 計13名
商品名:「ニコニコ食育団のからだに優しい野菜シリーズ」
医療関係向け「ベジカル」一般消費者向け「ニコフル」
販売エリア:山形県内及び仙台圏を含む東北一円(通販は全国)

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイトへ