富山市に建設予定のエゴマの栽培を目的とした完全人工光型植物工場にて、フィリップス社の育成用LEDを導入

富山市とフィリップス・エレクトロニクス・ジャパンは、富山市山田地域に2014年3月に竣工予定の「牛岳温泉植物栽培工場(仮称)」に、フィリップスの植物育成用LED照明「Philips GreenPower LED Production Module」(以下、プロダクションモジュール)が採用されたことを発表した。この植物工場は2014年4月から稼働する予定で、約800平方メートルの栽培面積で年間およそ20万株のエゴマを生産することを目標としている。

富山市に建設予定のエゴマの栽培を目的とした完全人工光型植物工場にてフィリップス社の育成用LEDを導入

富山市、フィリップスの植物育成用LED
「Philips GreenPower LED Production Module」を新設の(仮称)牛岳温泉植物栽培工場に採用


富山県富山市(市長:森雅志、以下 富山市)と株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、富山市山田地域に2014 年3 月に竣工予定の(仮称)牛岳温泉植物栽培工場に、フィリップスの植物育成用LED 照明「Philips GreenPower LED Production Module(フィリップス グリーンパワーLED プロダクションモジュール、以下 プロダクションモジュール)」が採用されたことを発表しました。


今回フィリップスの植物育成用LED 照明が採用されたのは、富山市西南部の山田地域に整備される(仮称)牛岳温泉植物栽培工場です。富山市は、高齢化や過疎化が進む山田地域で完全人工光型の植物栽培工場を整備し、エゴマの生産から加工、流通販売までを一体的に行うことで農業の6次産業化を推進します。


また、富山市は、国が2010 年6 月に「新成長戦略」の一つとして位置づけた「環境未来都市」構想に基づく環境未来都市に選出されており、この植物工場プロジェクトは、同市が「農商工連携による環境と健康をテーマとした多様なビジネスの推進」事業の一環として、2012年8月よりスタートしました。


植物工場の栽培面積は800平方メートルで、年間およそ20万株の生産を目標にしており、2014年4月から稼働する予定です。フィリップスの「プロダクションモジュール」は、業界初の遠赤色LEDチップが搭載された植物育成用LED照明です*1。植物育成に最適な光の波長の採用および遠赤色を含むLED照明は、消費電力量あたりHf蛍光灯比2倍以上の収量が得られることが確認されています*2。


生育スピードの加速により、最大20%の収量の増加または栽培時間の短縮が実現され*3、生産効率の向上が可能です。また、従来の蛍光灯と比較して最大55%の消費電力削減を実現します*4。富山市は、フィリップスが農業大国オランダで培ったノウハウや世界での豊富な実績だけでなく、「プロダクションモジュール」の高い防塵防水性能*5 や、エゴマ栽培に必要なPPFD*6 を確保できるという観点から、採用を決定しました。
富山市とフィリップスは、植物工場を通じて安心安全な食料を供給し、日本の農業を活性化させるだけでなく、人々の暮らしを向上させてまいります。


*1 フィリップス社調べ(2013年)。仕様によっては遠赤色LED チップが搭載されていないものもあります。
*2 秋間和広,宮坂裕司,小西淳,Esther van Echtelt,Na Lu.波長の異なる植物栽培用LED 照明を使用した植物工場における葉菜類の栽培.園学研12 別1.156.2013
*3,4 シーシーエス株式会社調べ(2012年)
*5 IP66
*6 光合成光量子束密度(photosynthetic photon flux density)。植物の光合成に有効な400〜700nm の光量子束密度のこと。

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
英国・ハイテク農業の最前線

過去のピックアップ記事

  1. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  2. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  3. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  4. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  5. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  6. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  7. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  8. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  9. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  10. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
150627_プレス募集バナー 150627_設備販売バナー 150627_セミナーバナー

注目記事

  1. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  2. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  3. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  4. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
ページ上部へ戻る