富山市に建設予定のエゴマの栽培を目的とした完全人工光型植物工場にて、フィリップス社の育成用LEDを導入

富山市とフィリップス・エレクトロニクス・ジャパンは、富山市山田地域に2014年3月に竣工予定の「牛岳温泉植物栽培工場(仮称)」に、フィリップスの植物育成用LED照明「Philips GreenPower LED Production Module」(以下、プロダクションモジュール)が採用されたことを発表した。この植物工場は2014年4月から稼働する予定で、約800平方メートルの栽培面積で年間およそ20万株のエゴマを生産することを目標としている。

富山市に建設予定のエゴマの栽培を目的とした完全人工光型植物工場にてフィリップス社の育成用LEDを導入

富山市、フィリップスの植物育成用LED
「Philips GreenPower LED Production Module」を新設の(仮称)牛岳温泉植物栽培工場に採用


富山県富山市(市長:森雅志、以下 富山市)と株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、富山市山田地域に2014 年3 月に竣工予定の(仮称)牛岳温泉植物栽培工場に、フィリップスの植物育成用LED 照明「Philips GreenPower LED Production Module(フィリップス グリーンパワーLED プロダクションモジュール、以下 プロダクションモジュール)」が採用されたことを発表しました。


今回フィリップスの植物育成用LED 照明が採用されたのは、富山市西南部の山田地域に整備される(仮称)牛岳温泉植物栽培工場です。富山市は、高齢化や過疎化が進む山田地域で完全人工光型の植物栽培工場を整備し、エゴマの生産から加工、流通販売までを一体的に行うことで農業の6次産業化を推進します。


また、富山市は、国が2010 年6 月に「新成長戦略」の一つとして位置づけた「環境未来都市」構想に基づく環境未来都市に選出されており、この植物工場プロジェクトは、同市が「農商工連携による環境と健康をテーマとした多様なビジネスの推進」事業の一環として、2012年8月よりスタートしました。


植物工場の栽培面積は800平方メートルで、年間およそ20万株の生産を目標にしており、2014年4月から稼働する予定です。フィリップスの「プロダクションモジュール」は、業界初の遠赤色LEDチップが搭載された植物育成用LED照明です*1。植物育成に最適な光の波長の採用および遠赤色を含むLED照明は、消費電力量あたりHf蛍光灯比2倍以上の収量が得られることが確認されています*2。


生育スピードの加速により、最大20%の収量の増加または栽培時間の短縮が実現され*3、生産効率の向上が可能です。また、従来の蛍光灯と比較して最大55%の消費電力削減を実現します*4。富山市は、フィリップスが農業大国オランダで培ったノウハウや世界での豊富な実績だけでなく、「プロダクションモジュール」の高い防塵防水性能*5 や、エゴマ栽培に必要なPPFD*6 を確保できるという観点から、採用を決定しました。
富山市とフィリップスは、植物工場を通じて安心安全な食料を供給し、日本の農業を活性化させるだけでなく、人々の暮らしを向上させてまいります。


*1 フィリップス社調べ(2013年)。仕様によっては遠赤色LED チップが搭載されていないものもあります。
*2 秋間和広,宮坂裕司,小西淳,Esther van Echtelt,Na Lu.波長の異なる植物栽培用LED 照明を使用した植物工場における葉菜類の栽培.園学研12 別1.156.2013
*3,4 シーシーエス株式会社調べ(2012年)
*5 IP66
*6 光合成光量子束密度(photosynthetic photon flux density)。植物の光合成に有効な400〜700nm の光量子束密度のこと。

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

過去のピックアップ記事

  1. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  2. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  3. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  4. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  5. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  6. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  7. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  8. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  9. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  10. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
150321_プレス募集バナー

注目記事

  1. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
  2. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  3. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  4. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
ページ上部へ戻る