富山市に建設予定のエゴマの栽培を目的とした完全人工光型植物工場にて、フィリップス社の育成用LEDを導入

富山市とフィリップス・エレクトロニクス・ジャパンは、富山市山田地域に2014年3月に竣工予定の「牛岳温泉植物栽培工場(仮称)」に、フィリップスの植物育成用LED照明「Philips GreenPower LED Production Module」(以下、プロダクションモジュール)が採用されたことを発表した。この植物工場は2014年4月から稼働する予定で、約800平方メートルの栽培面積で年間およそ20万株のエゴマを生産することを目標としている。

富山市に建設予定のエゴマの栽培を目的とした完全人工光型植物工場にてフィリップス社の育成用LEDを導入

富山市、フィリップスの植物育成用LED
「Philips GreenPower LED Production Module」を新設の(仮称)牛岳温泉植物栽培工場に採用


富山県富山市(市長:森雅志、以下 富山市)と株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、富山市山田地域に2014 年3 月に竣工予定の(仮称)牛岳温泉植物栽培工場に、フィリップスの植物育成用LED 照明「Philips GreenPower LED Production Module(フィリップス グリーンパワーLED プロダクションモジュール、以下 プロダクションモジュール)」が採用されたことを発表しました。


今回フィリップスの植物育成用LED 照明が採用されたのは、富山市西南部の山田地域に整備される(仮称)牛岳温泉植物栽培工場です。富山市は、高齢化や過疎化が進む山田地域で完全人工光型の植物栽培工場を整備し、エゴマの生産から加工、流通販売までを一体的に行うことで農業の6次産業化を推進します。


また、富山市は、国が2010 年6 月に「新成長戦略」の一つとして位置づけた「環境未来都市」構想に基づく環境未来都市に選出されており、この植物工場プロジェクトは、同市が「農商工連携による環境と健康をテーマとした多様なビジネスの推進」事業の一環として、2012年8月よりスタートしました。


植物工場の栽培面積は800平方メートルで、年間およそ20万株の生産を目標にしており、2014年4月から稼働する予定です。フィリップスの「プロダクションモジュール」は、業界初の遠赤色LEDチップが搭載された植物育成用LED照明です*1。植物育成に最適な光の波長の採用および遠赤色を含むLED照明は、消費電力量あたりHf蛍光灯比2倍以上の収量が得られることが確認されています*2。


生育スピードの加速により、最大20%の収量の増加または栽培時間の短縮が実現され*3、生産効率の向上が可能です。また、従来の蛍光灯と比較して最大55%の消費電力削減を実現します*4。富山市は、フィリップスが農業大国オランダで培ったノウハウや世界での豊富な実績だけでなく、「プロダクションモジュール」の高い防塵防水性能*5 や、エゴマ栽培に必要なPPFD*6 を確保できるという観点から、採用を決定しました。
富山市とフィリップスは、植物工場を通じて安心安全な食料を供給し、日本の農業を活性化させるだけでなく、人々の暮らしを向上させてまいります。


*1 フィリップス社調べ(2013年)。仕様によっては遠赤色LED チップが搭載されていないものもあります。
*2 秋間和広,宮坂裕司,小西淳,Esther van Echtelt,Na Lu.波長の異なる植物栽培用LED 照明を使用した植物工場における葉菜類の栽培.園学研12 別1.156.2013
*3,4 シーシーエス株式会社調べ(2012年)
*5 IP66
*6 光合成光量子束密度(photosynthetic photon flux density)。植物の光合成に有効な400〜700nm の光量子束密度のこと。

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  2. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  3. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  4. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  5. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  6. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  7. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  8. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  9. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  10. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
150627_プレス募集バナー 150627_設備販売バナー 150627_セミナーバナー

注目記事

  1. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  2. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  3. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  4. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
ページ上部へ戻る