総生産量の約30%が収穫後に廃棄、インドでは食品加工工場や冷蔵貯蔵庫が不足しており、年間損失額は2兆ルピー以上と推計

The Associated Chambers of Commerce and Industry of India(インド合同商工会議所,Assocham)によると、収穫後の物流・蓄蔵等のインフラ不備による農作物の損失額は、アンドラ・プラデーシュ州のみで年間約560億ルピーと推定されるAssochamが実施したインド農産業の調査によると、アンドラ・プラデーシュ州における農作物の生産量はインド全体の約9.6%を占める年間24,700トンに上り、国内2番目の規模である

総生産量の約30%が収穫後に廃棄、インドでは食品加工工場や冷蔵貯蔵庫が不足しており、年間損失額は2兆ルピー以上と推計

AssochamのDS Rawat氏は「現在、インド全体で約1.5億トンの野菜、及び約7,700万トンの果物が生産されており、生産量は年率5〜6%で成長している」と語る。同氏はインドにおける農作物の廃棄実情について、「総生産量の約30%が収穫後、廃棄になっている。インドでは食品加工工場や冷蔵貯蔵庫が不足しており、農作物の廃棄に関する関心も低いため、年間損失額は2兆ルピー以上に及ぶ」と語った。


西ベンガル州はインドで最も農産業が活発な州であり、農作物の年間生産量はインド全体の10%以上の27,000トン以上である。また、その他、アンドラ・プラデーシュ州、ウッタル・プラデーシュ州、タミル・ナドゥ州、マハラシュトラ州も農業生産量が多く、それぞれ全体の約7〜8%を占めている。

また、Assochamの調査によると西ベンガル州における農作物の損失額は年間1,360億ルピー以上に上る。同州に次いで損失額の多い州は、グジャラート州の約1,140億ルピーであり、ビハール州で1,070億ルピー、ウッタル・プラデーシュ州で1,030億ルピー、マハラシュトラ州で1,010億ルピーと続く。


農作物の収穫後の損失を最小化するためには、栽培、収穫、輸送、蓄蔵や収穫前後の処理等、サプライチェーン全体において適切な取り扱いが不可欠となる。そのなかでも、農作物の長寿命化には、特に蓄蔵のプロセスが重要であるとRawat氏は語る。インドにおける農作物の蓄蔵容量は総計3,000万トン以上であり、果物・野菜の流通・小売市場ではさらに容量約3,700万トンの冷蔵蓄蔵設備が必要とされている

同氏は「インドでは、冷蔵蓄蔵設備は流通の過程のみに使用されており、果物・野菜の売買を行う農村部や郊外のマーケット等の小売では冷蔵蓄蔵設備が不足していることが多い」と指摘した。(インド進出ポータルより)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  2. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  3. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  4. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  5. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  6. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  7. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  8. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  9. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  10. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  2. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  3. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  4. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
ページ上部へ戻る