総生産量の約30%が収穫後に廃棄、インドでは食品加工工場や冷蔵貯蔵庫が不足しており、年間損失額は2兆ルピー以上と推計

The Associated Chambers of Commerce and Industry of India(インド合同商工会議所,Assocham)によると、収穫後の物流・蓄蔵等のインフラ不備による農作物の損失額は、アンドラ・プラデーシュ州のみで年間約560億ルピーと推定されるAssochamが実施したインド農産業の調査によると、アンドラ・プラデーシュ州における農作物の生産量はインド全体の約9.6%を占める年間24,700トンに上り、国内2番目の規模である

総生産量の約30%が収穫後に廃棄、インドでは食品加工工場や冷蔵貯蔵庫が不足しており、年間損失額は2兆ルピー以上と推計

AssochamのDS Rawat氏は「現在、インド全体で約1.5億トンの野菜、及び約7,700万トンの果物が生産されており、生産量は年率5〜6%で成長している」と語る。同氏はインドにおける農作物の廃棄実情について、「総生産量の約30%が収穫後、廃棄になっている。インドでは食品加工工場や冷蔵貯蔵庫が不足しており、農作物の廃棄に関する関心も低いため、年間損失額は2兆ルピー以上に及ぶ」と語った。


西ベンガル州はインドで最も農産業が活発な州であり、農作物の年間生産量はインド全体の10%以上の27,000トン以上である。また、その他、アンドラ・プラデーシュ州、ウッタル・プラデーシュ州、タミル・ナドゥ州、マハラシュトラ州も農業生産量が多く、それぞれ全体の約7〜8%を占めている。

また、Assochamの調査によると西ベンガル州における農作物の損失額は年間1,360億ルピー以上に上る。同州に次いで損失額の多い州は、グジャラート州の約1,140億ルピーであり、ビハール州で1,070億ルピー、ウッタル・プラデーシュ州で1,030億ルピー、マハラシュトラ州で1,010億ルピーと続く。


農作物の収穫後の損失を最小化するためには、栽培、収穫、輸送、蓄蔵や収穫前後の処理等、サプライチェーン全体において適切な取り扱いが不可欠となる。そのなかでも、農作物の長寿命化には、特に蓄蔵のプロセスが重要であるとRawat氏は語る。インドにおける農作物の蓄蔵容量は総計3,000万トン以上であり、果物・野菜の流通・小売市場ではさらに容量約3,700万トンの冷蔵蓄蔵設備が必要とされている

同氏は「インドでは、冷蔵蓄蔵設備は流通の過程のみに使用されており、果物・野菜の売買を行う農村部や郊外のマーケット等の小売では冷蔵蓄蔵設備が不足していることが多い」と指摘した。(インド進出ポータルより)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  2. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  3. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  4. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  5. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  6. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  7. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  8. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  9. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  10. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  2. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  3. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  4. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
ページ上部へ戻る