総生産量の約30%が収穫後に廃棄、インドでは食品加工工場や冷蔵貯蔵庫が不足しており、年間損失額は2兆ルピー以上と推計

The Associated Chambers of Commerce and Industry of India(インド合同商工会議所,Assocham)によると、収穫後の物流・蓄蔵等のインフラ不備による農作物の損失額は、アンドラ・プラデーシュ州のみで年間約560億ルピーと推定されるAssochamが実施したインド農産業の調査によると、アンドラ・プラデーシュ州における農作物の生産量はインド全体の約9.6%を占める年間24,700トンに上り、国内2番目の規模である

総生産量の約30%が収穫後に廃棄、インドでは食品加工工場や冷蔵貯蔵庫が不足しており、年間損失額は2兆ルピー以上と推計

AssochamのDS Rawat氏は「現在、インド全体で約1.5億トンの野菜、及び約7,700万トンの果物が生産されており、生産量は年率5〜6%で成長している」と語る。同氏はインドにおける農作物の廃棄実情について、「総生産量の約30%が収穫後、廃棄になっている。インドでは食品加工工場や冷蔵貯蔵庫が不足しており、農作物の廃棄に関する関心も低いため、年間損失額は2兆ルピー以上に及ぶ」と語った。


西ベンガル州はインドで最も農産業が活発な州であり、農作物の年間生産量はインド全体の10%以上の27,000トン以上である。また、その他、アンドラ・プラデーシュ州、ウッタル・プラデーシュ州、タミル・ナドゥ州、マハラシュトラ州も農業生産量が多く、それぞれ全体の約7〜8%を占めている。

また、Assochamの調査によると西ベンガル州における農作物の損失額は年間1,360億ルピー以上に上る。同州に次いで損失額の多い州は、グジャラート州の約1,140億ルピーであり、ビハール州で1,070億ルピー、ウッタル・プラデーシュ州で1,030億ルピー、マハラシュトラ州で1,010億ルピーと続く。


農作物の収穫後の損失を最小化するためには、栽培、収穫、輸送、蓄蔵や収穫前後の処理等、サプライチェーン全体において適切な取り扱いが不可欠となる。そのなかでも、農作物の長寿命化には、特に蓄蔵のプロセスが重要であるとRawat氏は語る。インドにおける農作物の蓄蔵容量は総計3,000万トン以上であり、果物・野菜の流通・小売市場ではさらに容量約3,700万トンの冷蔵蓄蔵設備が必要とされている

同氏は「インドでは、冷蔵蓄蔵設備は流通の過程のみに使用されており、果物・野菜の売買を行う農村部や郊外のマーケット等の小売では冷蔵蓄蔵設備が不足していることが多い」と指摘した。(インド進出ポータルより)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  2. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  3. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  4. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  5. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  6. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  7. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  8. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  9. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  10. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  2. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  3. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  4. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
ページ上部へ戻る