自社ビル内にレンタル向けの完全人工光型植物工場システムを設置。入居率の伸び悩む商業ビルの活用プランとしても検討(加瀬倉庫)

トランクルーム大手の加瀬倉庫は、ビル内に設置した水耕栽培用のスペースを貸し出す事業「まちなか農園」を始める。第1弾として年内に横浜市の自社ビル内の一室に7台の水耕栽培機器を設置する。一般家庭や教育機関のほか、都市部の飲食店や企業の利用も見込む。首都圏を中心に展開、利用状況を見ながら初年度は10カ所の提供を目指す。


水耕システムは1台で最大72株の葉物野菜を栽培でき、利用料は月額4千〜1万円ほどになるという。作業は月に1回ほどの水替えだけでよい。天候に左右されず一年中栽培できるため、安定した収穫量が必要な飲食店でも使える。食の安全や食育で家庭菜園への関心は高まっているが、都市部では使用できる土地が少ない。テナントの入りにくい古い商業ビルを利用することで需要を掘り起こし、ビルにも付加価値をつけられると判断した

自社ブル内にレンタル向けの完全人工光型植物工場システムを設置。入居率の伸び悩む商業ビルの活用プランとしても検討(加瀬倉庫)

同社では既に、自社のコンテナハウスのノウハウを生かし、LED光源を導入したコンテナ型植物工場の開発、販売も行っている。幅広いニーズ・要望に応えるため、水耕栽培ユニットのみの販売も行っており、受注生産品のため内装やシステム、コンテナのサイズは自由に変更が可能である。(参考:2013.12.17、日本経済新聞より)

加瀬の「まちなか農園」サービス開始(2013年12月20日)
屋内型水耕栽培のサービス開始に伴い、新サイトをオープンいたします。

加瀬の「まちなか農園」は、土を使わず栄養素を含む溶液を用いて野菜を栽培する屋内農園です。畑を耕す時間が持てなかったり郊外の畑に行く時間がない方や、 お子様と一緒に楽しく食育をしたい方、安心安全な野菜を食べたい方等、 なかなかきっかけがない皆様へ 都心を離れなくても野菜づくりのできるレンタル農園をご提供します。


屋内で、野菜の育成に適した照明を採用することで、省電力・エコな水耕栽培が 可能です。天候・季節に左右されずに一年中安定した栽培で、光合成効率が高まり 生育促進に期待が出来ます。 更に、大気・土壌汚染の心配もなく、栄養液で元気いっぱいな無農薬野菜を 栽培できます。街中で、無農薬安心簡単自家栽培の野菜づくりができる「まちなか農園」です。 詳しくは、是非お気軽にお問い合わせください。


●かながわ農園
【所在地】神奈川県神奈川区神奈川2-14-17
     加瀬ビル144-4F
【交通】京急本線「仲木戸」駅より徒歩6分
    JR京浜東北線「東神奈川」駅より徒歩9分

※ 詳細は同社のウェブサイトをご参照下さいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  2. 植物工場ベンチャーBowery Farming社が750万ドルの資金調達に成功。地産地消型モデルの普及へ
     米国ニューヨークを拠点とするBowery Farming社は、完全人工光型植物工場による生産技術の…
  3. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  4. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  5. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  6. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  7. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  8. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  9. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  10. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  2. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
    2008年7月12日に、植物工場ビジネスに関して(株)フェアリーエンジェル、代表取締役の江本謙次氏を…
  3. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  4. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
ページ上部へ戻る