イスラエル・ハイファグループによるモバイル対応型の施肥ソリューション・サービスを新たにリリース

植物工場IT活用事例セミナー

農業向けの肥料などを供給する大手サプライヤーであるイスラエルのハイファ・グループでは、施肥ソリューション向けの望ましい組成を計画する水溶性栄養製品ラインの新たな強化策となるモバイル対応FertiMatchをリリースしたと発表した。以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。

農業用施肥・灌がいモバイルアプリFertiMatchをリリース(Haifa Group)

農業、産業、特殊植物栄養素向け硝酸カリウムの世界的サプライヤーであるHaifa Group (http://www.haifa-group.com)は18日、施肥ソリューション向けの望ましい組成を計画する水溶性栄養製品ラインの新たな強化策となるモバイル対応FertiMatchをリリースしたと発表した。

FertiMatchアプリケーションは、栽培者が望ましい組成に必要な肥料の適切な量を決めるのに役立つ。栽培者は施肥制御ヘッドに関する詳細を(モバイルアプリに)書き込み、参照要素、濃度、肥料(Haifa もしくはその他)を選択する。その結果必要な肥料の量や灌がい用水の成分濃度など知ることができる。FertiMatchはiOS(iPhone http://bit.ly/1ffCGVT、iPad http://bit.ly/1f3uebz)やAndroid(http://bit.ly/1cy7Bc4)上で動作する。同アプリは近くWindows phone向けにも利用できるようになる。


Haifa Groupの水溶性マーケティングマネジャーであるヨアフ・ローネン氏は「FertiMatchを利用することでわれわれは、簡単な処理で施肥量を計算する仕事をこなせる。モバイル機器を通じてこの補助的ツールを提供することによって、直接、いつでも、どこからでも必要とするすべての人が確実にアクセスできるようになる」と語った。

イスラエル・ハイファグループによるモバイル対応型の施肥ソリューション・サービスを新たにリリース

FertiMatchはHaifaの拡充中のモバイルアプリケーションストアに新商品として加わる。同ストアにはすでに農業プロフェッショナルの苗床向け栄養素の制御放出を計画するFloraMatch(商標)が含まれており、最近Haifaのモバイルウェブサイト上でもサービスを開始している。


モバイルウェブサイトを使えばモバイルユーザーは、スマートフォン、タブレット向けに最適化されたHaifaのAgriculture Knowledge Sharing(農業知識共有)ウェブサイトに直ちに、手軽にアクセスすることができる。コンテンツ豊富なこのモバイルウェブサイトは、栽培者や農業プロフェッショナルが働きながら必要とする重要な情報に即座にアクセスすることができる。


農学・知識担当のチーフマネジャーであるロン・セリグマン氏は「当社製品ポートフォリオにこれらアプリケーションを加えたことは、栽培者の作業を向上し、穀物生産高と品質を最大化することを支援する当社コミットメントをあらためて示している。それは当社が『農業者マインド』の価値命題をさらに実現したものである」と語った。


▽Haifa Groupについて
Haifa Groupはイスラエルを本拠とする多国籍企業であり、農業および産業向け硝酸カリウム、特殊作物栄養素、食用リン酸塩の世界的大手サプライヤーである。パイオニアスピリットと革新的ソリューションで周知のHaifaは、1966年にイスラエル政府によって創設され、1989年から民間所有となった。世界に展開するHaifaの営業活動は5大陸100カ国以上に及び、12の子会社と3つの生産工場を擁している。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。