丸紅がさらに小型の植物工場を販売。一式30万円程で大型書籍棚サイズ

植物工場への参入障壁の一つとして「設備コストが高い」ことが挙げられている。一日1000株規模の大規模プラントでは1億円弱が初期コストとして必要となり、新規事業のためのマーケティングテストとして導入するには非常にリスクが高い。
 
丸紅がさらに小型の植物工場を販売。一式30万円程で大型書籍棚サイズ<ミニプランター>

写真はエスペックミックのミニプラントセラー

 
そこで最近では小型プラントの開発を各社が進めている。全国の市役所や商工会議所、または商業施設などに期間限定で展示されることが多く、見学された方も多いだろう。こうした小型プラントであれば、実験的な導入や飲食・レストランといった用途へ向けての販売も考えられる。例えば、エスペックミックが開発するミニプラントセラーがあるが、サイズは自由にカスマイズでき、最近では「ぐるなび(植物工場の専用ページ)」も、同社のミニプラントを導入し、飲食店やオフィスへの普及を進めている。
 
 
上記のミニプラントセラーは、東京の飲食店に既に導入済みである(ちなみに、飲食店「鉄板焼と焼酎のお店:ウシカイ」にて導入されている)。この他にも、電通ファシリティマネジメントが、小型植物工場の普及を進めている(関連記事)。
 
 
しかし小型とはいえ、10平方メートル程の設置スペースが必要となり、一度に100株〜300株ほどは栽培可能な小型プラントが多い。こうしたプラントの場合、最低でも数百万円の設備コストがかかってしまい、気軽に購入できる金額ではない。そこで、丸紅はさらに小型のもの「オフィス用書籍棚と同程度の大きさの:植物工場体験セットを開発」した。大きさは幅1・5メートル、奥行き0・5メートル、高さ1・8メートル。合計3段の棚と、照明などが組み込まれている商品である。
 
 
技術や商品は既存の商品と同様で(詳細はこちらの記事に記載)、独自の土壌技術を利用しながら、コケの一種と粘土物質を混ぜた土のような素材を利用するという。価格は一式30万円前後での販売予定。こうした設備コストがさらに安いプラントを販売することで、興味はあるが数百万円では手が出なかった顧客層までも取り込むことが可能になるだろう。
 
※ 参考:日経産業新聞(2010/03/12)の記事より
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  2. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  3. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  4. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  5. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  6. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  7. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  8. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  9. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  10. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  2. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  3. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
  4. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
ページ上部へ戻る