丸紅がさらに小型の植物工場を販売。一式30万円程で大型書籍棚サイズ

植物工場への参入障壁の一つとして「設備コストが高い」ことが挙げられている。一日1000株規模の大規模プラントでは1億円弱が初期コストとして必要となり、新規事業のためのマーケティングテストとして導入するには非常にリスクが高い。
 
丸紅がさらに小型の植物工場を販売。一式30万円程で大型書籍棚サイズ<ミニプランター>

写真はエスペックミックのミニプラントセラー

 
そこで最近では小型プラントの開発を各社が進めている。全国の市役所や商工会議所、または商業施設などに期間限定で展示されることが多く、見学された方も多いだろう。こうした小型プラントであれば、実験的な導入や飲食・レストランといった用途へ向けての販売も考えられる。例えば、エスペックミックが開発するミニプラントセラーがあるが、サイズは自由にカスマイズでき、最近では「ぐるなび(植物工場の専用ページ)」も、同社のミニプラントを導入し、飲食店やオフィスへの普及を進めている。
 
 
上記のミニプラントセラーは、東京の飲食店に既に導入済みである(ちなみに、飲食店「鉄板焼と焼酎のお店:ウシカイ」にて導入されている)。この他にも、電通ファシリティマネジメントが、小型植物工場の普及を進めている(関連記事)。
 
 
しかし小型とはいえ、10平方メートル程の設置スペースが必要となり、一度に100株〜300株ほどは栽培可能な小型プラントが多い。こうしたプラントの場合、最低でも数百万円の設備コストがかかってしまい、気軽に購入できる金額ではない。そこで、丸紅はさらに小型のもの「オフィス用書籍棚と同程度の大きさの:植物工場体験セットを開発」した。大きさは幅1・5メートル、奥行き0・5メートル、高さ1・8メートル。合計3段の棚と、照明などが組み込まれている商品である。
 
 
技術や商品は既存の商品と同様で(詳細はこちらの記事に記載)、独自の土壌技術を利用しながら、コケの一種と粘土物質を混ぜた土のような素材を利用するという。価格は一式30万円前後での販売予定。こうした設備コストがさらに安いプラントを販売することで、興味はあるが数百万円では手が出なかった顧客層までも取り込むことが可能になるだろう。
 
※ 参考:日経産業新聞(2010/03/12)の記事より
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  2. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  3. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  4. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  5. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  6. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  7. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  8. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  9. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  10. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  2. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  3. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
  4. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
ページ上部へ戻る