丸紅がさらに小型の植物工場を販売。一式30万円程で大型書籍棚サイズ

植物工場への参入障壁の一つとして「設備コストが高い」ことが挙げられている。一日1000株規模の大規模プラントでは1億円弱が初期コストとして必要となり、新規事業のためのマーケティングテストとして導入するには非常にリスクが高い。
 
丸紅がさらに小型の植物工場を販売。一式30万円程で大型書籍棚サイズ<ミニプランター>

写真はエスペックミックのミニプラントセラー

 
そこで最近では小型プラントの開発を各社が進めている。全国の市役所や商工会議所、または商業施設などに期間限定で展示されることが多く、見学された方も多いだろう。こうした小型プラントであれば、実験的な導入や飲食・レストランといった用途へ向けての販売も考えられる。例えば、エスペックミックが開発するミニプラントセラーがあるが、サイズは自由にカスマイズでき、最近では「ぐるなび(植物工場の専用ページ)」も、同社のミニプラントを導入し、飲食店やオフィスへの普及を進めている。
 
 
上記のミニプラントセラーは、東京の飲食店に既に導入済みである(ちなみに、飲食店「鉄板焼と焼酎のお店:ウシカイ」にて導入されている)。この他にも、電通ファシリティマネジメントが、小型植物工場の普及を進めている(関連記事)。
 
 
しかし小型とはいえ、10平方メートル程の設置スペースが必要となり、一度に100株〜300株ほどは栽培可能な小型プラントが多い。こうしたプラントの場合、最低でも数百万円の設備コストがかかってしまい、気軽に購入できる金額ではない。そこで、丸紅はさらに小型のもの「オフィス用書籍棚と同程度の大きさの:植物工場体験セットを開発」した。大きさは幅1・5メートル、奥行き0・5メートル、高さ1・8メートル。合計3段の棚と、照明などが組み込まれている商品である。
 
 
技術や商品は既存の商品と同様で(詳細はこちらの記事に記載)、独自の土壌技術を利用しながら、コケの一種と粘土物質を混ぜた土のような素材を利用するという。価格は一式30万円前後での販売予定。こうした設備コストがさらに安いプラントを販売することで、興味はあるが数百万円では手が出なかった顧客層までも取り込むことが可能になるだろう。
 
※ 参考:日経産業新聞(2010/03/12)の記事より