横浜市による植物工場ベンチャーに関する情報発信、期限限定にて横浜中心地にドーム型ハウスを設置(グランパなど)

横浜市では、国の24年度経済対策補正の一環として創設された「起業支援型地域雇用創造事業(緊急雇用創出事業)」を活用し、横浜発次世代植物工場技術発信事業を行っており、ドーム型栽培(太陽光利用型)のグランパ、赤・緑・青の光波長が独立制御可能なLED植物工場システムを開発するキーストーンテクノロジーのベンチャー2社について、情報発信を行う。以下、横浜市によるプレスリリースを掲載しておく。

横浜市による植物工場ベンチャーに関する情報発信、期限限定にて横浜中心地にドーム型ハウスを設置(グランパなど)

〜ドーム型植物工場が北仲通にオープン!〜
〜 新横浜LED菜園の見学会は大盛況 〜



横浜市では、国の24年度経済対策補正の一環として創設された「起業支援型地域雇用創造事業(緊急雇用創出事業)」を活用し、横浜発次世代植物工場技術発信事業を行っています。市内で活躍するベンチャー企業の株式会社グランパと株式会社キーストーンテクノロジーを支援し、企業や市民の皆様に植物工場の技術発信を行います。


株式会社グランパ
ドームハウスとセミナーハウスを北仲通南地区の新市庁舎整備候補地に期間限定(平成26年10月末まで)で設置します。「グランパ横浜農場」として、平成26年1月7日から野菜の栽培や施設見学などの技術発信を開始します。

【所在地】横浜市中区本町6丁目
【アクセス】みなとみらい線馬車道駅1a出口より徒歩1分
【施設概要】延床面積:574.22平米
1日あたりの生産量:約400株
主な生産物:フリルアイス(レタス)


株式会社キーストーンテクノロジー
奈良建設本社ビルに「新横浜LED菜園」を設置し、株式会社アグリ王と共同で運営しています。この「新横浜LED菜園」で、見学会などの技術発信を行っています。

【所在地】横浜市港北区新横浜1-13-3奈良建設ビル4F
【アクセス】JR新横浜駅北口・篠原口より徒歩約10分
【施設概要】延床面積:73平米
1日あたりの生産量:約500株
主な生産物:グリーンリーフ(レタス)、ルッコラ、バジルなどのハーブ類

※ 見学会は定期的に開催しており、当社HPで申し込みができます。また、1月18日(土)10:30〜12:00に、一般市民向けの見学会を実施します。その他の取材は随時対応可能です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  2. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  3. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  4. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  5. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  6. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  7. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  8. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  9. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  10. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  2. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
  3. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  4. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
ページ上部へ戻る