横浜市による植物工場ベンチャーに関する情報発信、期限限定にて横浜中心地にドーム型ハウスを設置(グランパなど)

横浜市では、国の24年度経済対策補正の一環として創設された「起業支援型地域雇用創造事業(緊急雇用創出事業)」を活用し、横浜発次世代植物工場技術発信事業を行っており、ドーム型栽培(太陽光利用型)のグランパ、赤・緑・青の光波長が独立制御可能なLED植物工場システムを開発するキーストーンテクノロジーのベンチャー2社について、情報発信を行う。以下、横浜市によるプレスリリースを掲載しておく。

横浜市による植物工場ベンチャーに関する情報発信、期限限定にて横浜中心地にドーム型ハウスを設置(グランパなど)

〜ドーム型植物工場が北仲通にオープン!〜
〜 新横浜LED菜園の見学会は大盛況 〜



横浜市では、国の24年度経済対策補正の一環として創設された「起業支援型地域雇用創造事業(緊急雇用創出事業)」を活用し、横浜発次世代植物工場技術発信事業を行っています。市内で活躍するベンチャー企業の株式会社グランパと株式会社キーストーンテクノロジーを支援し、企業や市民の皆様に植物工場の技術発信を行います。


株式会社グランパ
ドームハウスとセミナーハウスを北仲通南地区の新市庁舎整備候補地に期間限定(平成26年10月末まで)で設置します。「グランパ横浜農場」として、平成26年1月7日から野菜の栽培や施設見学などの技術発信を開始します。

【所在地】横浜市中区本町6丁目
【アクセス】みなとみらい線馬車道駅1a出口より徒歩1分
【施設概要】延床面積:574.22平米
1日あたりの生産量:約400株
主な生産物:フリルアイス(レタス)


株式会社キーストーンテクノロジー
奈良建設本社ビルに「新横浜LED菜園」を設置し、株式会社アグリ王と共同で運営しています。この「新横浜LED菜園」で、見学会などの技術発信を行っています。

【所在地】横浜市港北区新横浜1-13-3奈良建設ビル4F
【アクセス】JR新横浜駅北口・篠原口より徒歩約10分
【施設概要】延床面積:73平米
1日あたりの生産量:約500株
主な生産物:グリーンリーフ(レタス)、ルッコラ、バジルなどのハーブ類

※ 見学会は定期的に開催しており、当社HPで申し込みができます。また、1月18日(土)10:30〜12:00に、一般市民向けの見学会を実施します。その他の取材は随時対応可能です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  2. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  3. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  4. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  5. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  6. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  7. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  8. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  9. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  10. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
  2. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  3. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  4. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
ページ上部へ戻る