気象条件、微粒子物質や花粉量などをセンサーにて検出。一定間隔にてデータをツイッターにつぶやくシステムを開発(ユーシーテクノロジ)

ソフト開発ベンチャーのユーシーテクノロジ温度・湿度とともに、小粒子状物質(PM2.5)や花粉、日照量などをセンサーで検出し、ミニブログ「ツイッター」でつぶやくシステムを開発した。学校では敷地内にある百葉箱に各種センサーを収めて、児童・生徒の保護者や周辺住民が環境データを共有できる。その他、工場周辺などにも設置を想定している。

つぶやくセンサー

電源のある場所に専用の百葉箱を設置すればすぐに使える。利用者はパソコンやスマートフォン(スマホ)を通して測定結果を確認できる。温度・湿度を基本に、センサーを増やすことで、照度や花粉量などを一定間隔・服風箇所にて計測でき、放射線量計(ガイガーカウンター)を別途、装着することで放射線量を定期的にツイートすることも可能である


センサーは通信機器と連携、測定結果を自動的につぶやく。測定対象の濃度が基準値を超えると、登録者に警告メールを送信する。測定データを蓄積してグラフなどで表示するサービスも提供する。利用者はPM2.5などの飛来量が増える時間帯を予測できる。2014年春には測定対象の濃度を地図上に表示する機能なども追加する。価格は50万円からで、データを蓄積したり2次利用したりする場合は月額3000円の利用料がかかる