「第3次ブームの到来」と注目を浴びる植物工場と施設栽培ビジネス市場を調査/完全人工光型のみで88億円の市場規模へ拡大(18年予測)

総合マーケティングビジネスの富士経済では、13年6月から8月にかけて計画的な作物生産を見込み参入企業が年々増加の一途をたどる植物工場と、高度な施設栽培を始め農業ICT化などの栽培ネットワーク関連技術、環境負荷低減に寄与する農業資材などの市場動向を調査するとともに、注目民間企業25社の参入実態事例を取り上げ事業分析を行った。


同社の報告書「アグリビジネスの現状と将来展望2013」によると、太陽光利用型のDFT式栽培プラント(湛液型栽培プラント)は12年の8億円から13年7億円と縮小が見込まれる一方で、太陽光利用型のNFT栽培プラントは、12年の4億円から13年7億円と拡大が見込まれている


この拡大にはトップシェアの三菱樹脂アグリドリームが大きく実績を伸ばしたことが影響しており、遊休地を活用したい企業や障害者雇用を目的とした企業からの引き合いも多く当面は一定の需要が期待される、という。


また、完全人工光型植物工場については、12年が29億円であったが、遊休地を活用した企業の農業参入の増加や、大学や研究機関、福祉施設向けの小規模プラント/ユニット案件が多く見られるなど、市場が拡大し、2013年見込みでは42億円となっている


完全人工光型について昨年(2012年)と比較すると、プラント型、ユニット型共に導入件数が増加しているが、特にプラント型の成長率が11年比50%と高くなっている。その理由のひとつに挙げられるのは震災復興事業による補助金を活用した植物工場建設の増加であり、福島県川内村や白河市、宮城県多賀城市など東北地方で一日数千株出荷する大規模な植物工場が相次いで建設されたことである


既に建設が内定している震災復興事業による案件もあるとみられ、東北エリアでは今後も新たな植物工場の建設が予想される。震災復興需要以外では、企業による遊休地の有効利用を目的とした植物工場への関心が高まっているほか、障害者雇用を目的とする事業者も見られる、という。

※ 詳細は報告書「アグリビジネスの現状と将来展望2013」をご参照下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  2. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  3. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  4. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  5. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  6. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  7. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  8. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  9. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  10. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
  2. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  3. デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始
     株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、LED光源を採用した家庭用・小型植物工場を簡単に楽しめる「L…
  4. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
ページ上部へ戻る