農地や温室ハウス屋根など未導入分野における太陽光発電システムの実証プロジェクトを開始(NEDO)

NEDOは、太陽光発電システムの設置をいっそう進めるため、導入先となる設置場所や用途を拡大していくことを目的とした「太陽光発電多用途化実証プロジェクト」を開始した。11月18日に、実証事業の共同研究先として採択した14法人(12件)を公表した。研究期間は、2013〜2015年度で、総事業費は約22.5億円。NEDOの負担率は2分の3


同実証事業では、導入潜在量が大きいにもかかわらず設置が進んでいない分野、例えば、建物の壁面、農地やビニールハウス、傾斜地、ため池や湖畔などの水上などに対して、導入を妨げている要因を解消するため、新たな太陽光パネルや施工技術、低コスト化、発電量を増やす技術などを開発し、実証する


NEDOは、これまで太陽光発電の普及拡大に向けて、高効率な太陽電池セルの開発、低コスト化の研究を支援してきたが、導入先となる新たな設置場所や用途を拡大していくことも重要と判断した。以下、同機関のプレスリリースの一部を掲載しておく。

農地や温室ハウス屋根など未導入分野における太陽光発電システムの実証プロジェクトを開始(NEDO)

1. 背景
NEDOは、これまで太陽光発電の普及拡大に向けて、発電コスト低減を目的に高効率な太陽電池セルの開発や、太陽電池モジュールの低コスト化の事業を行っております。現在、住宅の屋根面やメガソーラーといった領域では普及段階に入っておりますが、今後、更なる導入を実現する上では、太陽電池セル・モジュールの高性能化・低コスト化だけではなく、導入先となる新たな設置場所及び用途を拡大していくことが重要となります


2. 実証事業の概要
本事業では、導入ポテンシャルが大きいものの導入が進んでいない分野(建物の壁面、農地、ビニールハウス等の農業関係建物、傾斜地、ため池や湖畔等の水上、等)について、導入を阻害している要因を解消するため、新たな太陽電池モジュール、施工技術の開発、低コスト化・発電量向上化技術の開発と実証を行います。

研究期間:2013年度〜2015年度
総事業費:約22.5億円(NEDOの負担率は2/3)


3. 採択した共同研究先

〔1〕「低反射環境配慮型壁面太陽光発電システムの開発」
(株式会社カネカ)
【内容】導入分野はビルの壁面。問題となる周辺住宅への太陽光反射を抑制した低反射防眩型太陽電池モジュールと設置技術を開発し、実証試験を行う。


〔2〕「低コスト太陽光追尾システムの農地での有効性実証」
(ダイキン工業株式会社)
【内容】導入分野は農地やビニールハウス等。空気圧駆動式太陽光追尾装置による発電量向上化を低コストで実現する。また、空気圧アクチュエータのダンパー機構により、強風を自動で受け流す機能を付加する。これらの開発、実証試験を行う。


〔3〕「強度の弱い畜舎向け軽量発電システム開発」
(株式会社オルテナジー/旭硝子株式会社)
【内容】導入分野は畜舎(屋根)。耐アンモニアガスを有する軽量部材による屋根面を加工なしで取付可能な架台と、軽量太陽電池モジュールの開発を行い、畜舎屋根設置の実証試験を行う。


〔4〕「太陽電池屋根設置型ビニールハウス植物工場化プロジェクト」
(ユニバーサリー電工株式会社)
【内容】導入分野はビニールハウス。ビニールの撤去・被覆作業時に太陽電池の移設が必要なく、風雨にも強く発電効率のよい太陽電池の設置方法を開発し、実証試験を行う。
また、付加機能としてビニールハウス内湿度制御装置の開発を行う。


※ 採択一覧はNEDOのプレスリリースをご参照下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  2. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  3. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  4. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  5. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  6. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  7. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  8. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  9. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  10. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  2. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  3. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  4. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
ページ上部へ戻る