農地や温室ハウス屋根など未導入分野における太陽光発電システムの実証プロジェクトを開始(NEDO)

NEDOは、太陽光発電システムの設置をいっそう進めるため、導入先となる設置場所や用途を拡大していくことを目的とした「太陽光発電多用途化実証プロジェクト」を開始した。11月18日に、実証事業の共同研究先として採択した14法人(12件)を公表した。研究期間は、2013〜2015年度で、総事業費は約22.5億円。NEDOの負担率は2分の3


同実証事業では、導入潜在量が大きいにもかかわらず設置が進んでいない分野、例えば、建物の壁面、農地やビニールハウス、傾斜地、ため池や湖畔などの水上などに対して、導入を妨げている要因を解消するため、新たな太陽光パネルや施工技術、低コスト化、発電量を増やす技術などを開発し、実証する


NEDOは、これまで太陽光発電の普及拡大に向けて、高効率な太陽電池セルの開発、低コスト化の研究を支援してきたが、導入先となる新たな設置場所や用途を拡大していくことも重要と判断した。以下、同機関のプレスリリースの一部を掲載しておく。

農地や温室ハウス屋根など未導入分野における太陽光発電システムの実証プロジェクトを開始(NEDO)

1. 背景
NEDOは、これまで太陽光発電の普及拡大に向けて、発電コスト低減を目的に高効率な太陽電池セルの開発や、太陽電池モジュールの低コスト化の事業を行っております。現在、住宅の屋根面やメガソーラーといった領域では普及段階に入っておりますが、今後、更なる導入を実現する上では、太陽電池セル・モジュールの高性能化・低コスト化だけではなく、導入先となる新たな設置場所及び用途を拡大していくことが重要となります


2. 実証事業の概要
本事業では、導入ポテンシャルが大きいものの導入が進んでいない分野(建物の壁面、農地、ビニールハウス等の農業関係建物、傾斜地、ため池や湖畔等の水上、等)について、導入を阻害している要因を解消するため、新たな太陽電池モジュール、施工技術の開発、低コスト化・発電量向上化技術の開発と実証を行います。

研究期間:2013年度〜2015年度
総事業費:約22.5億円(NEDOの負担率は2/3)


3. 採択した共同研究先

〔1〕「低反射環境配慮型壁面太陽光発電システムの開発」
(株式会社カネカ)
【内容】導入分野はビルの壁面。問題となる周辺住宅への太陽光反射を抑制した低反射防眩型太陽電池モジュールと設置技術を開発し、実証試験を行う。


〔2〕「低コスト太陽光追尾システムの農地での有効性実証」
(ダイキン工業株式会社)
【内容】導入分野は農地やビニールハウス等。空気圧駆動式太陽光追尾装置による発電量向上化を低コストで実現する。また、空気圧アクチュエータのダンパー機構により、強風を自動で受け流す機能を付加する。これらの開発、実証試験を行う。


〔3〕「強度の弱い畜舎向け軽量発電システム開発」
(株式会社オルテナジー/旭硝子株式会社)
【内容】導入分野は畜舎(屋根)。耐アンモニアガスを有する軽量部材による屋根面を加工なしで取付可能な架台と、軽量太陽電池モジュールの開発を行い、畜舎屋根設置の実証試験を行う。


〔4〕「太陽電池屋根設置型ビニールハウス植物工場化プロジェクト」
(ユニバーサリー電工株式会社)
【内容】導入分野はビニールハウス。ビニールの撤去・被覆作業時に太陽電池の移設が必要なく、風雨にも強く発電効率のよい太陽電池の設置方法を開発し、実証試験を行う。
また、付加機能としてビニールハウス内湿度制御装置の開発を行う。


※ 採択一覧はNEDOのプレスリリースをご参照下さい。