米国で生産される食料の40%が廃棄され、腐敗によるメタンガスの発生により温室効果に対して大きな影響を与えている(米国環境保護庁など)

米国環境保護庁EPAなどの発表資料によると、アメリカで生産される食料の40%が廃棄されており、3100万トンもの食料が埋立地に廃棄されていると推計されている。また、食料廃棄物の腐敗により、メタンガスが発生することも問題視されている。
 

 
メタンはCO2よりも、25倍もの温室効果につながるガスといわれており、Next Generation Food によると、1トンの食品廃棄物は4.2トンの二酸化炭素排出に相当すると推計されている。このように食品廃棄物による温室効果への影響は大きく、仮に、全ての食品廃棄をなくすことで、米国における自動車が排出する二酸化炭素の4分の1が、そっくりそのまま無くなることになる。
 
 
また温室効果への影響だけでなく、大量の食料廃棄は水や石油などの資源の無駄遣いにもつながる。例えば、一人当たりにおける食品廃棄量は1974年と比較すると50%以上も急増しており、年間の廃棄量は飲料水の4分の1/3億バレルの原油消費量にも相当する。