シニア・介護事業の一環として高齢者向けの配食サービス事業を開始。2015年度に東京都区内20拠点での提供を目指す(ベネッセHD)

ベネッセホールディングスでは、ベネッセグループが注力しているシニア・介護事業の一環として、2014年4月より新たに配食サービス事業を開始する。ベネッセの子会社のベネッセスタイルケアとフードサービス事業を行う株式会社LEOCが共同で合弁会社「ベネッセパレット」を設立、「ベネッセのおうちごはん」というサービス名称で月曜から金曜日までの5日間、毎週日替わりの夕食弁当を提供する。

以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。

ベネッセHD、来春から在宅高齢者向け配食サービス事業を開始
2014年4月よりベネッセグループが配食サービス事業を開始
「株式会社ベネッセパレット」を設立し、在宅高齢者向け配食サービスを提供



 株式会社ベネッセホールディングス(以下、ベネッセ/本社:岡山市)は、ベネッセグループが注力しているシニア・介護事業の一環として、2014年4月より新たに配食サービス事業を開始いたします。ベネッセの子会社のベネッセスタイルケアとフードサービス事業を行う株式会社LEOCが共同で合弁会社「ベネッセパレット」を設立、「ベネッセのおうちごはん」というサービス名称で月曜から金曜日までの5日間、毎週日替わりの夕食弁当を提供します。


 ベネッセのシニア・介護事業は、『トータルシニアリビング』=「住み慣れた地域でいつまでも自分らしく生きるためのサービスをご高齢な方に提供すること」の実現を目指して事業展開を行っています。ご高齢の方にとって健康を維持していくためには、日々の食事の質と規則正しい食習慣が非常に重要ですが、加齢に伴い、買い物や自分で調理することの負担が大きくなります。65歳以上の独居高齢者が2010年〜2030年で54%増加(*)する中、ベネッセは、元気な時から食事を通じた健康維持を図ることが重要であると考えて、新たに高齢者向けの配食サービス事業を開始することにいたしました。

シニア・介護事業の一環として高齢者向けの配食サービス事業を開始。2015年度に東京都区内20拠点での提供を目指す(ベネッセ)

 ベネッセの有料老人ホームにご入居されているお客様に、朝昼晩365日の食事を提供してきたノウハウを活かし、高齢者の季節による体調変化や食欲に配慮した「栄養バランスのよい献立」と、お客様と同じ地域に住むサービススタッフが日常的な会話やコミュニケーションをとることで、「食事の質と健康的な生活リズムをサポートすること」が、本サービスの特徴です。


 まずは、2014年4月に世田谷区の2拠点(用賀・桜新町・深沢等)(松原・梅ヶ丘・赤堤等)からサービスを開始します。提供メニューは1食600円前後2種と700円前後1種の計3種、都合のよい週のみ注文可能な「5日間コース」と外食時等の際にお休みも可能な「1カ月コース」を提供します。今後は拠点を随時拡大し、2015年度に東京都区内20拠点での提供を行うことを目指し、1日約2万食を生産できる工場を設置する予定です。その後、1都3県に事業を拡大する計画です。

*(「日本の世帯数の将来推計」(2009年12月推計)国立社会保障・人口問題研究所
※ 同社によるプレスリリースより


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  2. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  3. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  4. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  5. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  6. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  7. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  8. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  9. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  10. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  2. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  3. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  4. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
ページ上部へ戻る